ゴルフ

ゴルフインスタントレッスン パット編

ゴルフのスコアアップに向けたレッスン

ゴルフインスタントレッスン パット編

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です。

僕はジムでゴルフのパーソナルトレーナーをしていますが、そのレッスンでは小技に至るまで色々とご指導させていただいております。

そしてよくあるケースとして「すぐにコースデビューなんです」と言われて急遽コースに出られるように必要なことだけをインスタントにレッスンかする事がよくあります。

初心者をコースデビューをさせるにあたって、一番大切な事は何か?ですが、きれいなスイングを覚えさせる事ももちろん大切なのですが、それは全体のほんの一部です。

それよりもコースデビューをさせるにあたっては、いかに確実にボールを前進させて無駄をなくせるか?が最も大切なポイントだったりします。

「無駄」を無くせば周りにかける迷惑は最小限に抑えられますし、スコアも初心者なりではありますが、それなりには回ってこれるものです。

そしてその無駄の最たるものが「パット」です。

今回はパッドについて色々とお話ししたいと思います。

なにが無駄か?

ゴルフではホールに少しでも・・というか全く近づかないショットが最も無駄といえます。

特に初心者のスロープレーの原因のかなりの部分がこれに当たると思っています。

そしてその最たる例がパッティングです。

特に初心者の方は、残り2mのパットを打ってみたら平気で残り5mにしてしまうようなパットをします。

これではいけません。近づくどころか遠くなってしまっています(^^;

これが「無駄」なのです。

まずこれを防ぐのに一番最初に僕がやる事は2mくらいの距離にボールをおいて「そこの穴(カップ)に入れてみて」とだけいって、パッティングを実際にさせてみます。

これだとほぼ100%の確率で初心者は大オーバーをします。

へたすると本当に10m位を平気で打っちゃったりします。

ここで、いかに自分のパットの距離感がないかを確認してもらいます。

2回目もほとんどオーバー、だいたい距離感があうのは5回目くらいの方が多いです。

で、距離を3mに変えたらやっぱりめちゃくちゃになってしまう・・というパターンが普通です。

初心者には、まずこの距離感を養ってもらうことが最も大切だといえます。

パッティングの距離感について

初心者の方がパッティングで一番やってはいけないことは「力加減」で距離を合わせようとする事です。

はっきり言います! 初心者が力加減で距離を合わせるのは無理です!

なぜなら同じ距離を打とうとしても、初心者は打つたびにボールを打つ強さがバラバラになる事がほとんどだからです。

では、力加減でなければ何なのか?ですが・・

これはもうスイングの幅で調整するしかないんです。

でも、ここで問題でがあります。

スイングの幅っていったって、それすらどのくらいでスイングして良いのか分からないかたがほとんどです。

なので目印を付けます!

どんな目印があるのかというと、パッティングの時に下をむいて必ず見える物はボールと・・・・・

自分の足だけのはずです。

なので自分の足を目印にスイングの幅を決めます。

まず、自分の足の「つま先からつま先の幅」でスイングの素振りをする練習をさせます。

この時にもう一つ超大切なポイントがあります。

それは「リズム」を一定にする事です。

幅が同じでもリズムが早かったり遅かったりしては、球の転がる距離はもちろん一定しません。

これはもう「構え、引いて、打つ」を、一、二、三とかけ声を出させて同じリズムで何度でも素振りが出来るように練習してもらいます。

それが出来るようになってから初めて球を置いて打ちます。

この時に「目標」は作らない方がよいでしょう。

あくまで素振りの延長で球を打ちリズムとスイング幅を一定にする事だけに集中してどれくらい転がるのかを確認してもらいます。

もちろん数球打って、球が大体同じ所に止まる迄練習しましょう。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ゴルフ
-

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)