筋力トレーニング

ランよりロードバイクの方が筋肉はつきやすい・・・について

ロードバイクによるトレーニング効果

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「ランよりロードバイクの方が筋肉はつきやすい」というテーマでお話ししようと思います(^^)

自転車乗っている方・・特に最近だとロードバイクで走っている方はかなりいらっしゃいますよね(^^)

そしてジョギングを楽しんでいる方も、このブログを読んでいただいている方の中には多いと思います

そういう方々の中には、足の筋肉をつけたい!と思っている競技指向の方もいれば、足を細くしたい!というダイエット指向の方もいると思います。

あくまで「傾向」ではありますが・・・・・

「走る」よりも、「自転車」の方が足の筋肉はつきやすい?

まず、走っている方とロードバイクに乗っている方の足を想像してみてください。

外で出れば今時いくらでも周りにランをしていたいたり、ロードバイク漕いでいる方を見ることはできますよね(^^)

そういう方々を見ていると「傾向的に」ロードバイク漕いでいる方の方が筋肉がしっかりしている方が多いと思われることないですか?

それはなぜか?・・・・ですが・・・・

基本的にロードバイクは「筋力」で走り、ランは「反射」で走るからです。

何のことかというと、走る場合は「伸張反射」という反射を主に使って動作をしています。

これは、筋肉が急激に伸ばされた時に、筋肉が縮もう!とする「反射」のことです。

筋肉が急激に伸ばされるシュチエーションとは・・・・・「着地」!です。

着地の衝撃に対して、筋肉というより、筋肉の付け根にある「腱」が急激に伸ばされる時に「弾性エネルギー」というものを蓄えるのです。

そして、そのエネルギーはそのまま筋肉の収縮のパワーに変換されます。

急に伸ばされたバネが急に縮むのと同じです(^^)

そしてその場合、あんまり「筋肉」自体は、それほどパワーを発揮しなくてもいいのです(^^)

それに対して、自転車は・・・着地という急激に筋肉が伸ばされるシュチエーションは存在しません。

いやいや、ペダル漕いでいる時筋肉伸ばされる時あるじゃんと思われる方も多いかもですが・・・・

自転車のペダリングでは「急激さ加減」が足りないんです!

伸張反射を起こすには、本当に短時間に筋肉を伸ばさなくてはなりません。

また伸ばされ方にしても、ペダリングのようにスムーズに伸ばされているとこの「伸張反射」は起きづらかったりします。

そうなると、どうしてもロードバイクの方が「筋肉」を縮めて動作する局面が多くなるので、筋肉がパンプアップしやすくなってしまうんです。

筋肉をつけたい!がっしりした足にしたい!という方はそれでいいと思うのですが・・・

女性がダイエット目的で行う場合、ちょっと微妙ですよね(^^;

しかし、バイクは手軽に消費カロリーを稼げ、膝に対しての衝撃も少ないお勧めなトレーニングでもあります(^^)

では、そういうダイエット目的の方はどうすればいいのかというと・・・・

「負荷を軽くする」ことです!

軽い負荷であれば、筋肉への負担は少なく、筋肉への負担が少なければ、筋肉が太くなることはありません。

でも負荷が軽くてもダイエットできるの?と思われる方も多いでしょう。

その場合「ペダルを漕ぐスピード」で消費カロリーをカバーするのです。

回転数を70~90回転と比較的早い回転で漕げる程度の重さで、さらに長時間漕げる重さであれば筋肉が太くなるという心配はいらないと思います。

逆に足の筋肉をつけたいという方、もしくは減量期なんだけどできるだけ筋肉の量を落としたくないという方は、減量のための運動としてランよりもバイクを使ってトレーニングしたほうが筋肉の量をキープしやすいかもです(^^)

筋肉の活動様式が、似ているようで、実は全く違う「ラン」と「バイク」・・・・

それぞれご自分の目的にあった利用方法で取り組むようにしてください(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-筋力トレーニング
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)