体幹トレーニング

歩いているときと走っているときの骨盤の動き

ウォーキング(歩き)でダイエットする方法

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「走っているときの「骨盤の動き」」についてお話をしようと思います。

みなさん・・・・走っているときに「骨盤」て意識しますか?

みなさんは走るときはもちろん「脚」で、走っていると思います。

その脚はどこから脚なのか?と言えば、大抵の方が「股関節」と答えると思います。

たしかにそれはそれで間違い無いですが・・

しかしぜひ「脚は骨盤から始まっている!」という感覚で走っていただくと今までとはまた違った領域に飛び込めるきっかけになるかもしれません!

「歩いているとき、そして走っているときの骨盤の動き」とはどうなっているのか?

例えば右足で地面を蹴っているときを例にします。

まず歩いているときと、走っているときの骨盤の動きは、実は逆なんです!

どういうことかというと、歩いているときは右足が後ろに来て地面を蹴っているときというのは、右腕は前に振り出していますよね。

そして骨盤は歩いているときは蹴り足の方が後ろになっています。

つまり、前に降り出している脚のサイドの骨盤が前、蹴っている脚の方のサイドの骨盤が後ろになっています。

まあ、このへんの感じはまだ、なんとなくわかると思うのですが・・・・

しかし・・・・

走っている場合は、後ろに蹴っている脚のサイドの骨盤は、ぐっと「前」にでています!

つまり、右足で蹴っている状態で表現すると、

右足・・・後ろ

右手・・・前

骨盤右サイド・・・・「前」

となっているのです!

つまり走行動作のときは、下肢の振りと反対方向に骨盤が回転しているのです!
IMG_4854.jpg
そして、このときのポイントですが、こう書くと「腰を前に出しながら蹴る!」という感覚になりそうですが、逆に「先に腰を後ろに引いてから蹴る」という感覚で蹴ったほうがいいようです。

なぜなら自然と蹴る時は、蹴り足側の骨盤は前に移動するので、あえてここを意識するというよりも、その予備動作として一旦腰(骨盤)を引くという予備動作を入れたほうが、蹴り足と骨盤の動きの反力を利用できるという側面があります。

IMG_4855.jpg

この辺の動きはとても難しいのですが、結構「走る」という点ではとても大事な部分です

「うねり運動」

これは、骨盤の動きを語る上でとても大事なことなのですが、骨盤を回転させる場合の基本は「脚」でまず地面を蹴ることから始まります。

そして骨盤が回転するのは、脚が地面を蹴ってその反発力が下から徐々に伝わっていくためだと覚えていてもらえればOKです。

つまり普通はこの「うねり」が下から伝わってくるのですが、走っている場合は上半身も脚とは反対方向に動いていますよね。

右足が後ろなら、右手は前のはずです。

つまり右手を前に降り、肩が前にでて、胸椎が捻られ、体幹→骨盤とひねりが伝わっていきます。
(ちなみにこれ盛大にやってはダメです。できるだけ体幹は固定気味の方が良いです)

つまり走っている場合は、上からも「うねり」が伝達してきていると思っていただくとわかりやすいかもしれません。

そして走っているときは、当然地面も蹴っているわけですから、下からも当然「うねり」がきます。

では、走っているときはどちらのうねりが優先それるのかというと・・・・・上からなんです!

脚を後方に力強く蹴ったときに上半身がすでに反対方向に捻られていると、その反作用の力で脚の振り戻しの前方スイングの回転運動量が増えるのです。(作用反作用の法則)(角運動量の内部保存)

脚を後方にキックした後、脚を前方に降り戻すのを早くするために上半身をあらかじめ逆にひねっておいてその力を利用するのは、まあなんとなく想像はつくと思います。

そしてこれをすると実は「後方へのキック」も強くなるのです。

ムチを振るときにインパクトの瞬間素早く引くと、先端が力強くはしるのはわかると思いますが、同じような作用がキックした脚にも起こると思っていただいてよろしいと思います。
(ターンオーバーというものが速くなる)

つまり後方へのキックをしているときに、すでに上から「うねり」が伝わってきて骨盤が先行してぐっと前に出て脚を前方に引っ張るようにすると、キック自体も「疾る」ように力強くなります!

なので、骨盤は走っているときは、後方へキックしている側の骨盤が前にはでるものの、それは下からキックして骨盤をぐっと押すのではありません。

そしてまた骨盤を前に出すイメージでは走らず、あえて骨盤をキックの時に後ろに押すイメージで走ります。

そして上半身が先にひねられて、それに引っ張られるように骨盤が前にでてきて、キックの後方及び前方への推進力を引っ張っている・・・・・

そうイメージで骨盤を有効活用しながら走るようにしましょう!(^^)

ちょっと難しいですが、大事なことなのでスポーツで速く走る事が必要な方はぜひ理解しておいて下さい!

よろしければぜこご参考に(^^)

ではでは!(^^)

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-体幹トレーニング
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)