スポーツの為の筋トレ

〇〇に必要な筋肉って?なんて考えなくていい理由!

レッグランジの正しいやり方

みなさんこんばんは!!

今日は「スポーツ専用トレーニング」についてです。

日頃からわりと多く頂くご質問に「野球に必要な筋肉は何処ですか?」「バスケに必要な筋肉は何処ですか?」というご質問をよく頂きます。

そこで今日は「〇〇に必要な筋肉(例えば野球やバスケ)ってなんですか? なんてあまり考えなくていい理由!」と言うテーマでお届けしようと思います。

まず、僕はそういうご質問を頂くたびに「まず全身満遍なく鍛えていただいた方が将来さらに伸びる可能性が高いですよ」とアドバイスしています。

これ・・・深いんですよねー・・・・・。

まあ、異論反論覚悟の上で書きます。

まず一般のレベルでは、「最初からこう言った物は存在しない」って書くと乱暴ですが、でも最初からこれを求めない方がよいと個人的に思っています。

どういうことかというと、一般の方のほとんどの方は、筋力レベルがこういうトレーニングをする以前のレベルにあるという事です。

オリンピックメダリスト 星奈津美選手への指導

女子200mバタフライの日本代表の星奈津実さんは、北京五輪出場のちょっと前までうちの所属でトレーニングしていました。

もちろん、マシントレーニングもやっていましたが、そのレベルはマシンを触る程度な感じでした。

それ以上は「あえて」やらせなかったのです。

当時のコーチによく相談されていましたが、当時高校生だったこともありますが、まず最初は極力自重トレーニングやバランスボールのトレーニングを勧めていました。

そしてコーチには競技者向けのトレーニングプログラムの作り方の原則を改めて教えて、それを徹底させていました。

それはスキャモンの発育曲線の事を教えたり、一日のトレーニングの順番の組み替え方を教えたりして、あまり「水泳専門ウェイトトレーニング」みたいな事からは遠ざけていた記憶があります。

なぜかというと、・・・・筋力を増やすのは、実はそれほど難しくはありません。

ですが、スポーツというのは、筋力だけではなくいろいろ(本当にいろいろ)な要素から成り立っているとても繊細な物です。

トップアスリートになればなるほど、それは顕著になってきます。

専用トレーニングがない訳ではないのです。

そしてむしろそれを組むのは簡単なのです。

しかしそれだけでは終わらない問題が沢山あるのです。

いちばん当てはまる原則を紹介するならば「トレーニングの全面性の原則」がこれに当たります。

これには、二つの解釈があり「身体的な全面性」「能力的な全面性」があります。

身体的な全面性とは、「全身満遍なくトレーニングしましょう」という原則です。

簡単にいうと上半身だけ、下半身だけというトレーニングは良くありませんという事です。

こういうトレーニングはかえってパフォーマンスが下がる危険すらあると僕は思っています。

もう一つの「能力的全面性」とは、筋力だけでなく、瞬発力、柔軟性、持久力、敏捷性、筋持久力、技術などのいろいろな能力をまんべんなく伸ばしましょうという原則です。

これも、ある一つの能力に特化したトレーニングをするとかえってパフォーマンスが下がる危険があると僕は思っています。

例えば、柔軟性です。

ある時期めちゃくちゃストレッチをして短期間で超身体がやわらかくなったとします。

これ・・・以前と同じフォームが出来るでしょうかか?

今までと同じ稼働域で動作できるでしょうか?

違和感ないでしょうか?

同じリズムで動作でるでしょうか?

って話です。

身体は柔らかい方がもちろんよいのですが、こんな事ですら急激な変化はかえってない方が良いくらいなのです。

だからといってやらなくてもよいという事を言っているのではありません。

ようするに「バランス」が大事なのです。

一つ一つの能力を伸ばすのは、専門家ならばそれほど難なく伸ばす事が出来ます。

その「個人」にあったトレーニングは何か(これを個別性の原則という)は、とても多方面から見る必要があるのです。

だから「バスケ専門ウェイトトレーニング」とか「野球用ウェイトトレーニング」とかにすぐに飛びつかない方がよいのです

筋力レベルの不足ついて

プロならともかく、一般レベル(今取り組んでいるスポーツ、つまりこれしかやっていないというレペル、部活も同様)であれば、専門トレーニングより、普通の筋力トレーニングプログラムをこなすだけでも十分に効果はあるのでは?と僕は思います。

サッカーだから、足や体幹のトレーニング・・とか言う前に、まず普通のトレーニングしてみましょうよという事です。

だって・・・大多数の方は、そのレベルすら筋肉痛になってしうのでは?と思います。

だって、そのスポーツしか普段やっていないのですよね?

多角的なトレーニングをこなしていていないのですよね?

プロのように、一日中トレーニングできる環境なら多角的トレーニングも可能ですが、ほとんどの方はこれが出来ていません。

たまに、今、どこどこユースにいますっていう高校生の男の子を見る事がありますが、筋力レベルはその辺のおじさん(失礼!)の方がはるかに強いケースが多いです。

っていうか、本当にスポーツマン?って言うような方が実はいっぱいいらっしゃるんですよね。

マラソンのサブスリーって言う方も、ちょっとスクワットやらせれば、筋肉痛で動けないとなんて方多いんじゃないでしょうか?

自転車もそうですよね。

まず、今やっているスポーツの専用トレーニングなんてする前に、まず普通の筋トレで身体を鍛え「筋トレしている方達の普通レベル」まで筋力アップしてから専用トレーニングに入っていくべきだと思います。

その方が、結果的に「違和感」なくパフォーマンスが上がると思います。

僕が考えるこれくらいは欲しい!!筋力レベル

では筋トレしている普通レベルってどの位か?です。

んー・・・競技にもよりますが・・・・。

あくまで「個人的見解として」と書かせていただいた上で・・・最低、

  • 胸はベンチプレスで自分の体重の重さを10回、
  • 足はフルスクワットを自分の体重の重さで20回、
  • 背中はワイドグリップの懸垂10回
  • これらをやって筋肉痛が出なくなればOK

だと思います。

もちろんフリーウェイトです。

バーベルです。

これは、競技用トレーニングなんていう方のレベルなら、もう最低筋力レベルだと思います。

これ位できないうちは「専門的な筋力トレーニングは?」なんていうべきではありません。

だって、100Kg挙げろなんて話じゃないんです・・自分の体重レベルですから・・

自分一人おんぶしてスクワットがそこそこ出来ない、腕立てよりちょっとハードだともう出来ません・・

なんてレベルじゃ競技用なんて行ってる場合じゃないと思うのですがいかがでしょうか?

きつい事を言っているようですが、いやいや、バーベルもたせると意外とこんな方多いんですよ。

もちろん「いや自分は違う!」というか方も沢山いらっしゃると思います。

そういった方なら、専用トレーニングに入ってもよいのではないかと思います。

ぜひ、機会があれば、自分の筋力レベルを、バーベルや懸垂で試してみてはいかがでしょうか?

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スポーツの為の筋トレ
-, ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)