ダイエット

筋肉が動くとリンパセラピストは廃業?

リンパ(Lymph)のケア

みなさんこんばんは!

パーソナルトレーナーの野上です。

今日のブログは、ちょっと何時もと違います。

とある方に僕からお願いして記事を書いていただきました。

この方のツイッターのアカウントネームが、mieさん。

ツイッターのプロフィールが、

「浦安のリンパドレナージュ専門店【ここからミー】のリンパドレナージャー(造語)です。『リンパドレナージュ』の直訳は『リンパ排出法』という意味です。女性に喜ばれるリンパ情報を送ります。サプリメントアドバイザーでもあり時々ネコ登場です。

ツイッターのアカウントは @cocokarameとなっていますので、リンパなどに興味がある方は、フォローして直接ご質問されてみてはいかがでしょうか?

また、独自にサイトを開いていて、それが

cocokara.me(ここからミー)

http://cocokara.me/

となっております。

では、mieさんが送る、リンパ情報をどうぞ!

【筋肉が動くとリンパセラピストは廃業?】

これまで紹介したように、リンパ管を動かすのは筋肉と関節です。

この仕組みから、男性より女性がむくみやすいのは、筋肉量が少ないせいということが分かってもらえたかと思います。

ただし。

男性だって、年齢とともに筋肉の量が減れば同じような悩みが発生するので、安心できません。

20歳がピークになる筋肉量を頑張って鍛えて、減る速度を遅らせれるということが重要かと思います。

そうすれば、むくみに悩まされず、免疫力も高く保っていられるようになります。

てことで、みんなが筋肉の重要性に気づいたら私は失業しちゃうのです。

筋肉は私の敵なのであります(笑)

でも大丈夫!

筋肉だけでは解決できない箇所がありました!

私は数年前、一人だけ、とってもステキな筋肉の持ち主をマッサージしたことがあります。

柔道をやられていた方でした。

この人はもう、どこも凝ってないしリンパ液だってどこも滞ってなかった。

では、なぜ受けに来たのか?

それは「クビ」。

クビの凝りは自分でどうにもできないようでした。

ただ、この時の手技はオイルではなかったので、たいして解消してあげられなかったんですけどね。

クビは脳に血液を送る唯一の通り道です。

クビが凝ると、頭痛やら吐き気やらという不調も起こります。

リンパ液だってクビを通らにゃなりません。

とはいえ、リンパ液は重力で下がってくるので、それほど重要でもないかな?という気もしますが、柔らかくしておくに越した事はないでしょう。

「なんか頭が重たいな~」という時、首筋のリンパ液の流れを促すと、楽になるのも確かです。

ということは?

セラピストの需要がなくなることはなさそうです!(笑)

「ちゃんと筋肉鍛えてるからオレのリンパ液は流れてるぞ!クビ以外」という方は、ヨガを生活に取り入れてください。

そうすれば、筋肉+全身の柔軟で滞り知らずです。

ヨガまで取り入れるのはちょっと…、という方に。

クビに不快さを感じた時、いつでもどこでもできるセルフケアがあります。

それは・・・・・・「ひねる」!!

気をつけの姿勢で、あごを肩先と平行になるまでひねる。

反対側も同様にひねる。

急に強くひねると筋を痛めるので、まずはお風呂上がりにやってください。

これだけでもリンパ液は流れます。

ちなみに。

クビまで鍛えてるプロレスラーは、クビも凝らないのかが知りたいとこですね。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)