痩せテク・代謝・腸内環境・ホルモン

成長ホルモンとテストステロンの効果について!

ダンベルカール

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です。

今日は筋トレに不可欠な成長ホルモンやテストステロンをご紹介したいと思います。

成長ホルモン

運動によって筋肉が傷つくと、それを修復する為に「成長ホルモン」というものが多く分泌されます。

でですね、みなさん、この「成長ホルモン」をどうとらえていらっしやいますか?

筋肉を成長(肥大)させてくれるホルモンなんでしょ? とお思いの方が大半だと思います。

これは半分あたっていて、半分は実はそうでもなかったりするのです。

まずはちょっと難しいそのメカニズムから・・。

ヒトは運動による刺激等で下垂体というところから、成長ホルモンが放出されます。

成長ホルモン自体が、筋肉、骨、などにダイレクトに働きかける側面もあります。

また他の側面では成長ホルモン分泌の情報が肝臓に届き、肝臓からインスリン様成長因子(IGF-1)とう物質が分泌されます。

この物質が成長ホルモンの後押しをするように筋肉や、骨の増殖を成長ホルモンと協働しながら促す仕組みになっているのです。

成長ホルモンだけが筋肉を修復しているわけではないんですね。

むしろ成長ホルモンは、IGF-1分泌の引き金的な役割の重要性の方が高いのではないかという事が近年言われているようです。

成長ホルモンだけを血液に投与しても筋肥大がみられなかったという報告も数多くあるようです。

また運動や睡眠の時に成長ホルモンが出なかったら筋肥大しないのか?というとやっぱりこれもそうでもないという・・

なんとなくグレーな感じの印象があるのが成長ホルモンの実態だったりします。

誤解のないように言っておくと、それでも成長ホルモンは筋肥大に全く効果がないなんてことは絶対にないわけです。

しかし必ずしもそれが全てではないという事も理解しておくべきかも知れません。

そして、成長ホルモンには実は筋肥大・・・・というより、別の効果の方が高い事が最近注目されているのです。

「成長ホルモン」の真実

成長ホルモンは一般的に、筋肥大の効果に強いイメージがありますが、筋肥大には成長ホルモンが全てではないということをご紹介しました!

そして成長ホルモンには別の効果があります。

どんな効果があるのかというと、それはずばり「脂肪の分解効果」です。

つまり、筋肥大・・・ではなく、ダイエット的にとても大事という事になります!

運動の刺激ででるホルモンには、成長ホルモンの他に「アドレナリン」というものがあります。

これは耳にする方も多いと思うのですが、そうあの「アドレナリン」です。

アドレナリンは怒った時に出ているイメージがありますが、運動時にも出るんですね。

そしてこのアドレナリンは、実は「運動中」の脂肪分解効果があります

そして成長ホルモンは「運動後」の脂肪分解に貢献するんです。

1日1回の成長ホルモンを投与したグループと、そうでないグルーブを比べ、投与したグループの方が脂肪燃焼に関わるクエン酸活性が高まり脂肪が減少したという研究結果もあります。

ちなみにこの運動後の脂肪分解効果の高まっている時間は、長ければ10数時間続く事もあるようです。

ひとたび分泌されれば、筋肥大に関わり、そして脂肪分解にも役立ってくれる便利な成長ホルモン!

他のホルモンは、分泌のコントロールなんて出来ないのが普通ですが、成長ホルモンは、自分で分泌を(運動により)コントロールできる数少ないホルモンです。

また実はこのホルモン、筋トレ以外にも分泌されるときがあります。

それは・・・・寝ている時です。

しっかり睡眠をとって頂くと、特に深い眠りに落ちて行く時に分泌量が多くなります。

しっかり寝ると痩せる?

他にも睡眠とダイエツトには少なからず因果関係があるのですが、ぜひダイエットしたいと言う方は睡眠もしっかりとって頂きたいと思います!

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-痩せテク・代謝・腸内環境・ホルモン
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)