疲れ・疲労回復

机に座りながら疲労回復してみよう!

椅子に座る方法・姿勢など

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「机に座りながら疲労回復してみよう!」というテーマにお話ししたいと思います

疲労を回復させるための手段として「入浴」「マッサージ」「軽い運動(アクティブレスト)」などが挙げられます。

これらの目的は「血行」よくするためのものです。

つまり血の流れがよくなると栄養が行き渡り、疲労物質が除去されるということにより疲労が回復されるのですが・・・・

血行が阻害されているケース

逆に言うと血行が阻害されると疲労物質もうまく除去されないという事態になります。

ではどういう場合が血行を阻害するケースがあるのかというと・・・・

「着衣」です!

特に下着類が少しきつめのものを身につけていると、それがそのまま血行の流れを妨げてしまったりするケースがあります。

よくあるのが靴下を脱いだときに足首に靴下のあとがくっきりと残るという経験は誰でもしていると思いますが、あれですね(^^)

特に女性の方はプラジャー・ガードル、ストッキングなど男性に比べて身体を締め付けるような下着類を身につけることが多いと思います。

男性より女性の方が冷え症の方が多いのもこういう部分も少なからず関係していると思われます。

解決策としては簡単で「ややゆるい着衣を選ぶ」もしくは、すくなくとも就寝時だけでも身体を締め付けるような着衣を、ゆるいものに変えて寝ていただく事がオススメです。

しかし、ゆるゆるよれよれの着衣というのはどうかと思う方も多いでしょう。

目安としては、先ほどの「靴下」と同じでいいと思います。

どういうことかというと着衣を外したときに身体に着衣のあとが残らないようであれば大丈夫です。

机に座りながら疲労をとってみよう!

では、この血行を普段の生活でよくするにはどうするか?です

学校の授業で、一日中机に座っている・・・

仕事がデスクワークで、一日中机に座っている・・・

たくさんいらっしゃると思います(^^)

なんで座っているだけなのに疲れるのか?

そういう方々の中にはこんな風に思った方いらっしゃるのではないでしょうか?

・・・座っているだけなのに疲れるなあ・・・

・・・と(^^;・・・・

実はそれ当たっているんです(^^)

どういうことかというと、「ミルキングアクション」というものがあります。

ちなみにこの名前の由来は、「牛の乳搾り」に由来します(^^)

なんのこと言ってるのかわからない・・・という方もいると思いますが・・

牛の乳搾りは、まさに「乳を搾って」「牛乳を出す」作業ですよね(^^)

これと同じような事が人間の体の中でも起こっているのです。

どこで起こっているのかというと・・

皆さんご存知「筋肉」で起こっています(^^)

ますます何言ってんのかわかんねえぞ、このオヤジ・・・

というセリフがモニター越しに聞こえてきそうです(^^;

もちろん牛乳を絞り出すわけではありません!

絞り出すのは「血液」です。

筋肉が収縮したり弛緩したりを繰り返すと、血管も収縮と弛緩を繰り返し結果的に血液が送り出されるのを助けます。

まるで筋肉が「ポンプ」のような役割を果たすのですが、この血液を送り出す様子が、まるで牛の乳搾りのようなので「ミルキングアクション」と言われているのです。

特にこれは「ふくらはぎ」の筋肉の収縮が、一旦下に行った血液を心臓まで送り返してくれる働きをするので、ふくらはぎは「第二の心臓」とまで言われたりします。

そして机に長く座って、ふくらはぎの筋肉の収縮がまるでない状態が長時間続くとどうなるのか?

まず血行が悪くなります。

次に老廃物(疲労物質)の代謝も悪くなるのです。

すると「なんか気怠い」みたいな感じになるんですね(^^;

でも仕事中もしくは授業中にふくらはぎなんか動かして運動できないんだけど・・

と思われるかもですが、ここはなんとか「一工夫」してもらいたいところでもあります。

座りながら疲労をとる

まず甚だ簡単ではありますが、座った状態でそのまま「さりげなく」カーフレイズを繰り返して見てはいかがでしょうか?

カーフレイズとは、つま先を伸ばしたり曲げたりする運動です(^^)

このようなマシンではなく、自重で十分ですので(^^)

さりげなく・・・先生や上司に気づかれないようにやりましょう(^^)

もし靴を脱げる状況であれはさらに、踵でもう片方の足の裏を「トントン」と打ち付けるようにする「足裏マッサージ」もオススメです。

さらに足をちょっと膝下で組むように見せかけて、足のスネでもう片方のふくらはぎを「トントン」とマッサージするのもオススメです。

またこれはなんとか靴を履いたままできる方もいらっしゃると思います。

それ何かと言うと、足の指を大きく開いて「バー」とします。

次にグッと指を丸るめて、足の指で「グー」を作ります。

それを繰り返す「グッパー体操」というものもあります。

ふくらはぎの筋肉や足裏の筋肉を動かしたり、マッサージして血行をよくするとそれだけで代謝が良くなり疲労の回復に一役買います。

次のページではさらにその場で疲労を軽減させるあるテクニックをご紹介します(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-疲れ・疲労回復
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)