筋力トレーニング

深いスクワットを行うと、膝と股関節を痛めるのか?

ダンベル・フロント・スクワット

深いスクワットを行うと、膝と股関節を痛めるのか?

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「ディープなスクワットのディープな(深い)お話」と言うテーマでお届けしたいと思います。

スクワット・・キングオブエクササイズとも言われる、エクササイズの王様とも言えるトレーニングです!

やっている方も多くいらっしゃるトレーニングだと思いますが、これ「深く語る」と、もう語りつくせないくらい色々と話すことがあります。

今日はその色々を「深く」語りたいと思います。

何を深く語るのか?と言うと、スクワットの下ろす「深さ」についてです(^^;

通常のスクワットの下ろす深さですが、これは一般的に「太ももの前面が床と水平になるように」と指導されることが多いと思います。

パラレル(水平)スクワットとも言われる深さで、最もポピュラーな深さです!

でも「これより深く下ろしちゃいけないの?」

なんて思ったりしたことはありませんか?

スクワットは「太ももが床と水平まで「しか」下ろさなければならなず、それより深く下ろしてトレーニングしてはならない」・・・

なんてルールはもちろん存在しません!

より、大きな可動域で負荷をかけて足腰を鍛えたい場合は、深く下ろしてスクワットをしていだたいていいのですが・・・・

ここで色々と問題が出ます!

まず、深くスクワットをすると「関節可動域の限界」にぶち当たり、結果、スクワットのフォームが崩れると言う問題が必ず出てきます!

スクワットの関節可動域で問題になるのは3点プラスアルファです。

  • 股関節
  • ひざ関節
  • 足首の関節

の3点と、プラスアルファというのは

  • 腰のカーブの保持力(骨盤前傾)

です。

三つの関節とスクワット

スクワットをしていけば当然足首の関節と膝と股関節はそれぞれ同時に曲がっていきます。

しかしここで問題なのは、その三つの関節がそれぞれが同じ度合いで曲がっていくわけではないという事です。

また、この3つの関節が全て同じ可動域を持っていると言うわけでもありません。

この3つの関節で最も可動域が広いのは「膝の関節」です。

逆に最も早く可動域の限界を迎えめるのは大抵「足首」の関節です。

ここで出でくるのが「スクワットは膝はつま先より前に出してはいけない」と言う、みなさんもおそらく1度は耳にしたことがある方も多い有名な注意ポイントです。

膝をつま先より前に出してしまうと、上からの負荷に対して、膝に対する負荷が強くなりすぎてしまい、結果「膝を痛める」と考えられていたためにこのように言われてきました。

ちなみに僕はフリーウェィトの指導歴で、この注意をお客様にしたことは今まで一度もありません!!!!

これは一概に「つま先」という基準を守ることにどうしても合理的な理由を探すことができなかったからです。

この注意ポイントを実施しようとすると、骨盤を思いっきり引いていかないとスクワットができません。

まあ、それがこの注意ポイントの狙いだったりもするのですが、実はここで一つの問題にぶつかります。

ここで足首の関節可動域が先にロックしてしまう方が多いのです。

そのためいくらお尻を引いても、膝がややつま先より前に出てしまう方もたくさんいらっしゃいます。

ここで「足首の柔軟性が硬いからですよーw」と笑いながら言う指導員をよく見かけるのですが、そんな指導員ぶっ飛ばしていいですからね!

(いや、嘘です。暴力はいけません!)

えっーと・・・話を戻しましょう!

で、何が言いたいのかと言うとそのような状態から「そこからさらに深くしゃがんでいいのか?」という点です。

トレーニングは可動域が大きい方が筋肉への刺激は当然強いわけです。

でも、足首ロックしちゃってんですけど・・・

どうすればいいっすか?

という質問はよく頂くご質問です(^^;

はい、ここでまずポイントは、僕は良く言いますが多少なら膝は前に出てもいいですよと言うポイントです。

そうすることによって「より深く」スクワットができるのなら、それはそれで「あり」だと思っています。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-筋力トレーニング
-, , , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)