疲れ・疲労回復

集中と疲労

うつ伏せエクササイズ

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「集中と疲労」というテーマでお届けしたいと思います。

「運動の疲れ」と「勉強の疲れ」は実はおなじ!

いやいや、なにいってんの? 違うでしょ! そもそもからして・・・頭と身体だし・・・・という方多いと思います。
疲労で疲れている筋肉を調べてみても、なーんにもでてこない、要するに疲れていない筋肉との違いが見いだせないってご存知ですか?
いやいや、乳酸溜まってるでしょ! と言う方いると思います。
えーっと・・・それは間違っているんです。
今ではやや常識になりつつありますが、未だに乳酸が疲れの物質だと思っている方多いと思います。

しかし乳酸は疲労物質ではありません!
乳酸は糖質が代謝された時に生じる物質です。
そして、乳酸は、それ自体生じた後に「エネルギー源」として再利用されるんです。
疲労どころかエネルギーの源になる物質なんです。
激しい筋トレをすると確かに一時的に溜まる事はあります。
しかし、それは数十秒後には処理されてしまうので長引く疲労の原因にはなりません。
激しい筋トレした翌日、筋肉が疲れていると「いやあ、昨日の筋トレでまだ筋肉に乳酸溜まってんだな」と思っている方・・・それは間違いです(^^;
その時には乳酸はもうないですので・・・・
にしたって、勉強のような頭のつかれと、身体の疲れといっしょってどういう事?と思う方もいると思いますが、「疲労」とは、疲れた・・・・と言う事を「頭が感じる」ものなのです。
頭の何処が疲れを感じるのかというと、身体の機能を自動調整する自律神経の中枢である視床下部とその周辺の大脳辺縁系になります。
自律神経の調整は常にものすごい量の身体の情報処理をしながら行なわれています。

身体を使う、頭を使う、いろいろな激務の中で脳の中枢がやはりいろいろな仕事をしているうちに、「もう休まない?」と「疲れを」「感じさせる」んですね。

集中と疲労

一般的には「集中する」って美徳とされることが多いと思います。

運動の疲れと勉強の疲れは同じであると言いましたが、集中するという面から見てもこれは言えます

そしてスポーツやトレーニング、仕事、勉強の場面においても「集中して取り組む」という事は、それ自体素晴らしい事だと認識されるでしょう。

ちよっとでも、集中力が欠けるそぶりをしたら「何をしている! ちゃんと集中しろ!」と言われることも少なくないと思います。

しかし、集中するって・・・・

疲れますよね?(^^;

そう! こと「疲労」の観点から言うと、「集中する」と言うことと「疲労」は密接な関係があります。

なぜ集中すると疲労を感じるのか?と言うと、「集中する」と言う事は、脳の一部を使い続けると言うことになります。

すると、その一部分に酸化ストレスというものがかかり続けることになり、脳が疲労を感じてしまうのです。

同じことを続けて行なっていると、そのうちふと「飽きたなあ」と感じることがあると思います。

これは脳が疲労を感じて「そろそろ脳の他の部分を使ってよ」と言っているサインなのです。

これを無視して集中し続けると、途端に疲労感が増し、またパフォーマンスを100%発揮できなくなってきます。

集中力を測るテストに、延々と単純な計算をさせるテストがいくつかあります。

それは正誤の確率だけを見ているのではなく、どれくらいで集中が切れるのか?

そして、どれくらいで計算しながら集中力が回復するのか?

など「色々な波」を見ながら、その人の能力を調べていくテストがあります。

僕自身もやったことがありますが、自分で見ても見事に一目で集中力が切れては戻り、切れては戻りを繰り返しているのが、テストの答案を見ただけではっきりとわかるようにできていて感心したことを覚えています。

ペース配分

まず、集中と疲労、そしてバフォーマンスを考える上で大切なのは「ペース配分」です。

1日8時間、ずっと集中し続けるなんて不可能です。

また、スポーツのゲームでも、短い時間のスポーツ・・例えば2分から3分ほどを繰り返す格闘系のようなスポーツなら試合中全て集中できるでしょう。

ただ、サッカーや野球のようなゲームが1時間以上にわたるようなスポーツは最初から最後までずっと集中し続ける事は難しいです。

人の集中力のキープは40〜45分くらいが目安となります。

また、その中でも10分くらいで波が訪れます。

テレビのアニメが30分のうち、10分ちょっとでCMを一回入れるのには集中力の切れ目で休みを入れるという理由があるからです。

なので、長時間にわたるスポーツはでは意識的に「集中を緩める」ようにしなければいざという時に集中力を発揮できなくなります。

球技であれば必ず「プレーが途切れる時間」があります。

その時間にまでずっと集中力を保とうとするのは実は得策ではありません。

いかにその時に集中力を「緩める」かは、そのあとのブレーに集中する上でもとても大切な事です。

ちなみに「緩める」のであって「途切れる」わけではないですのでそこはちょっと注意しましょう!

無駄に「集中」を消費しないためには、

  • 「やるべきことを絞る」
  • 「やるべきことに順番をつけておく」

こともとても大切です。

無駄に色々なことをやって「集中を消費」してしまわないことも、効率的に集中力を発揮するためのポイントになります。

また最初に行った事ですが、集中して身体を使う、頭を使う、いろいろな激務の中で脳の中枢がやはりいろいろな仕事をしているうちに、「もう休まない?」と脳が「疲れを」感じさせます。
こういうサインが出たときは身体が休憩を欲しているときだと素直に認め、脳を含め、いろいろと休ませて上げる事が肝心です。
脳を休ませるには・・・・やはり睡眠が欠かせないですね(^^)
身体が疲れているときも、頭が疲れているときも両方しっかりと睡眠をとるようにしましょう!

色々書きましが、効率的に物事を進めたい!という方はよろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-疲れ・疲労回復
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)