ダイエット

僕がお客様に言うカロリー「計算」について  まだそんなカロリー計算やってるの?

2017年10月19日

ダイエットのカロリー計算

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日はみなさんとのやりとりについてまず詳しくご紹介してみたいと思います。

今日はご紹介するのはこのようなやり取りです。

質問
加齢と共に、良質な脂質は必要と言いますが、あくまでも適切なカロリー管理下に置いてということですか?

カロリー計算不要論もちらほら見かけますが。

野上鉄夫
はい(^^) 適切なカロリー下というのは絶対条件です(^^)

カロリー計算は僕も「計算」に固執しなくていいと思っています。

多分それができるのはごく一部の方だけなので(^^;

ただ、それとカロリーコントロールが不要というのは全くの別問題で、カロリーコントロールは不可欠です!

質問
おはようございます(*^_^*)

ご丁寧にお返事いただいてありがとうございます。

カロリーコントロールは不可欠なのですね。

その人にあったカロリーで栄養の摂取を管理していく必要があるという理解で良いでしょうか?

野上鉄夫
はい(^^) それでOKです(^^)

というものでした(^^)

カロリー計算してる?

カロリー計算・・・していらっしゃる方いますでしょうか?

ダイエットに取り組むからには、しっかりとカロリー計算をして臨まなきゃいけない!

真面目な方ほどそのように思われているかもしれません。

確かにカロリー計算をすることはかなり大事です。

僕たちパーソナルトレーナーは、ダイエットを目的とするクライアントさんに対して、その生活様式をアンケートで提出してもらったら、ほぼ正確にその方の一日の消費カロリーを計算できます。

また、摂取カロリーに関しても食事の写真を送ってもらえれば大体どのくらいのカロリーであるというのもある程度わかります。

(これはある程度としてか言えないです。特に油の投入量は見た目ではわからないので)

しかし、これを一般の方がやろうとするのは非常に労力が要ります。

まず、それなりの専門知識が必要ですし、計算にもかなりの時間がかかります。

そして消費カロリーはまだいいのです。

人の生活パターンというのは大抵ある程度決まったパターンで生活している方が多いので。

問題は摂取カロリーです(TT)

特に食事をいかに減らすのか?

これはとても大切であるということは誰でも「頭では」解っていることだと思います。

しかし・・・じゃあカロリー計算してきっちり痩せて行こう!

と一大決心して、すべての食事のカロリー計算をすべて行なっている・・・

そしてそれがずっと続いてダイエットに見事成功した!

・・・・なんてかた・・・

少ないですよね?(^^;

(全くいないとは言いませんが・・・)

これできる人って本当にすごいと思います。

僕の長い指導経験の中でも、自らそれを実践して成功した方は驚くほど少ないです。

おそらく1万人以上見て来て数名しか記憶にありません。

口に入れた食事や飲み物を、全てカロリーを算出してノートに書きとめようとする方がいますが、大抵の場合それは失敗します!

理由は簡単です。単に「めんどうくさくなってしまう」からです。

管理栄養士さんくらいの知識があれば別ですが、毎食毎食全ての摂取カロリーを計算していくのは、相当な労力がいると思います。

僕もお客様との会話で「カロリー計算してみようと思ったんですけどだめでした」と何人かの方に言われたことがあります。

なので、僕はいつも「カロリー計算はやれるに越したことはないですが、あまりそればかりにならない方がいいですよ」とアドバイスしています。

むしろ、それに時間を費やすのなら、その時間ウォーキングしをしたり、何かしらで身体を動かしていた方が良いと思っています。

ただし、「計算をすること」自体にこだわらなくてもいいですが、それと「カロリーを気にしなくていい」ということは、全く違います。

ダイエットにおいて「カロリーを気にする食事」は絶対にしなければなりません。

つまり「取り組み方」の問題です。

いちいち計算はしなくていいから、

  • 油物は避ける
  • マヨネーズなど、かけたら高カロリーになるような調味料を避ける
  • 夜だけ炭水化物を抜く

などの、カロリーを気にする食生活は絶対にしなければなりません!

どうしても「いざダイエットを始めよう!」とした場合、気負いすぎて色々なことをしなければいけない!・・・・なんて思ってしまう方もいるかもしれません。

確かにやれるのであればやった方がいいですが、正直かなり大変です。

それよりはもう少しだけ緩やかに捉えていただき、「計算すること」よりも、「気をつける食べ物」と「食べるべき食べ物」をちゃんと分けて、しっかりとした食生活を送ろうという感じの方が大切です(^^)

「どれくらい今の食事からカロリーを減らせたか?」

ダイエットをしたい場合は「どれくらい今の食事からカロリーを減らせたか?」の方が大切です。

なのでまず一般の方は、次の項目「だけ」を把握しましょう。

  • ご飯1杯 240kcal
  • 食パン(8枚切り)1枚 130kcal
  • 大さじ1杯の油 110kcal。

今の食事から、上記の分だけ差し引いた食事をした場合、それを計算していけばいいのです。

ダイエットを気にするかたならこれらのものを控えようとするはずです。

例えば、ご飯を半分にすれば120kcal減らすことができたと思ってもらえればいいです。

夕食のご飯だけを抜いておかずだけ食べる食事をした場合は240kcalいつもの食事より引くことができたと計算するのです。

朝、いつもより食パンを1枚少なくしたら、いつもよりマイナス130kcal引けたと計算していくのです。

「どれくらい食べたか」を気にするのではなく「どれくらい普段の食事から減らせたか?」だけを計算していくと考えがシンブルになリます。

脂肪は1kg7200kcalです。

例えば夕食の主食であるご飯1杯を30日抜くと、240×30日でちょうど7200kcalとなり、それだけであとは生活を何も変えずに脂肪1kgがなくなります。

そして変にカロリー計算に時間を割くのならその時間を外でウォーキングしている方がはるかにダイエットは成功できる確率は高くなるものです。

カロリー計算はどれくらい普段の食事から減らせたか?だけを計算しましょう(^^)

余計な計算すると疲れちゃいますので(^^)

今一生懸命カロリー計算をしていて、それがとても苦になっているという方がいらっしゃいましたら、よしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, ,

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2020 All Rights Reserved.