ダイエット

チートデイ(減量中に食べていい日)について

ランチについて

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「チートデイ」というテーマでお届けしたいと思います。

チートデイとは?

チート・・・・

激しい減量をするボディビルダーやフィジークの選手・・

さらに階級制の格闘技をしている方にとっては、もう「魅惑の言葉」でしょう(^^;

一般の方にはピンとこないかもしれませんが、これですね・・・

簡単にいうと・・・・

「減量中に食べていい日」のことです(^^;

もう、この日のために減量頑張れる!!

そんな選手も多いんですよ・・いやほんと・・

しかし減量中なのに食べていいの?なんて思われる方もいると思います。

チートデイのメカニズム

一応チートのメカニズムを説明しておくと、激しい減量をしている時には「ホメオスタシス」というものが働きます。

これは身体が「元の状態を維持しよう」とする働きです。

ダイエットで言えば「停滞期」と言われるやつです!

脂肪が燃えづらい時期とも言えます。

そんな時期に・・・「食べちゃうの?」

「逆効果じゃね?」・・なんて思われるかもですが・・

僕の指導経験上ですが・・・

これ、結構効くんですよ(^^;

「停滞期真っ盛りでどうしよう」って時にこれやると2〜3kg位逆にガツンと減ることがあります。

結構こんな経験ある方いませんか?

ダイエット中に我慢できずに食べちゃった次の日恐る恐る体重計に乗ると「あれ増えていない」とか・・・

「いや、むしろ減っている?・・何で?」なんて方。

食べちゃうのに何故?と思うと思いますが、減量が進むと身体が「これ以上体重減ったらやばくね?」と反応して停滞期に突入したりします。

しかしここで「計画的に」「食べてあげる」と身体が「ああまだ食べ物入ってくるんだ・・じゃあ脂肪燃やしてもOKだな」と、いわば「勘違い」を起こさせてあげるのです。

チートの意味は「騙し」→Cheatingから来ています。

エネルギー消費の面からでいうと食べ物を食べると「代謝」は良くなります。

DIT(食事由来性産生熱)と言って、食べ物を消化吸収するのにもエネルギーが必要です。

減量中はこれが滞っていたりするので、この代謝を一気に刺激してあげます。

イメージとしては「焚き火の燃えかす」のようになっている状態の身体(燃焼が悪くなっている)、に一気に「ガソリンを注ぎ込む」ことで炎を巻き上げ(代謝を良くして)残りカス共々燃やし切ってしまう

・・・みたいな感じです。

ただこれを書くと「食べてもいいんだ!」となる方多いと思います。

正直これはもろ刃の剣です(^^;

僕は女性のライトな感じのダイエッターにこれを勧めたことはほぼありません。

なし崩しに太ってしまう可能性が高いからです。

格闘技の試合に真剣に出る!

ボディビルやフィジークの大会に出て勝ちたい!

これはそういう方たちのような「断固たる意思」がある方に「計画的」に行うべきものなのです。

「どう計画的に行うのか?」について

まず、導入の最大ポイントは・・・・

「食べる日」を予め決めておく」という事です!!

しかも最低でも1週間以上前に予定を立てましょう!

一番いけないのは思いつきで「今日はチートデイにしよう」とかです(^^;

これダメです!

もうダイエットを失敗する典型例とも言えます!!

特に「お腹が空いたから今日はもうチートデイにしちゃえ」とか・・・・(^^;

これをやったら確実にリバウンド街道まっしぐらだと思いましょう!

僕的には激しい減量を目標としている方なら、月初めにその月に2回ほどチートデイの予定を立てるくらいがいいと思います。

目標があまり激しい減量ではないフィットネス的な減量目標の方であれば、月に4回くらい・・・

1週間に1回のペースでもOKでしょう!

「食べる曜日を決める」とかでもいいですね(^^)

この効果として予め「食べれる日を設ける」ために「その日までなんとか頑張ろう」と思える精神的な部分が大きいです!

そのために最低でも1週間以上の「間」をおくことが必要です。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)