栄養・サプリメント

ビタミンAについてまとめて見た!

Vitamin(ビタミン)の摂取

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です!

今回のテーマは「ビタミン」です!!

映画なんかだと英語では「バイタミン」と聞こえます(^^)

みなさんご存知の通り、ビタミンには沢山の種類があります。

ビタミンは、身体の調整をつかさどる栄養素です。

しかしそれぞれのビタミンがどういった働きがあるのかは、種類によって結構違います。

そしてまずビタミンは何カロリーあるのか?というダイエット的な見方からお話しすると・・・

基本0カロリーだと思っていただいて結構です。

これは沢山摂取してもあまり脂肪に変わらないと思っていただいてよろしいと思います。

なのでお腹がすいた時や、腹持ちを良くしたい時は基本的に野菜を多めにとっていただく事がとても大事です。

  • お腹がすいた状態を我慢する、
  • 食事の量を減らす、
  • 満腹感がえられない

といった事が、ダイエットを勧めていく上で大きな障害になりやすいです。

それらを解消する為にも、野菜を多く食べて、満腹感、もしくは、空腹感を解消させてもらいたいのです。

これだけでも、精神的なリバウンドの防止にとても役立ちます。

また、キノコ、海藻類も、全く同じ種類の捉え方で良いので、積極的に摂取して下さい。

では今回は「ビタミンA」のご紹介からしていきたいと思います。

ビタミンAって2種類あるって知ってます?

まず、ビタミンAって2種類あるって知ってます?

有名な(?)とこで言うと「カロテン」です。

これは、体内に入ると「必要なだけ」ビタミンAになります。

にんじん・かぼちゃといった皆さんが連想するビタミンAの食材には、ビタミンAが入っているのではなく、カロテンが入っていて、これが体内でビタミンAに変わるんです。

もう一つは、ちょっとマイナーな「レチノール」です。

これは、カロテンが緑黄色植物に入っているのに対し、レチノールはうなぎのきもや、鳥レバー、豚レバーなどの動物性食品に多く含まれています。

これはなにが違うかというと、レチノールは必要なだけビタミンAに変わるなんて芸当が出来ないのです。

またビタミンAは、身体にとても必要な栄養素なんですが、大量摂取すると吐き気、頭痛、めまい等を起こします。

ビタミン剤を飲んでる方、たまに頭痛くなりませんか?

僕はたまになります。

そういう時は、マルチビタミンの摂取を制限します。

脂溶性ビタミンと言って、身体の油によく溶けるので、水溶性ビタミンのように多くとりすぎたら体外に出ちゃうなんて芸当も出来ないんです。

この点はちょっと気をつけていただければと思います。

ビタミンAの効果

ビタミンAは、

  • 皮膚や髪の健康を保つ、
  • 夜盲症、
  • 視力低下を防ぐ、
  • 感染に対しての抵抗力を増やす
  • 子供の成長を促進する

という効果があるんです。

とくに、目に対しての効果はよく知られている所です。

また、「人参食べないとと大きくなれないぞ」という台詞は誰でも一度は聞いた事があると思うのですが、リアルにそうなんです。

また、髪に良いからと言って敏感に反応される方もいると思いますが(あっ僕か?(^^;  )、長期間にわたり過剰摂取すると逆に髪が荒れたり、脱毛するケースもあります。

何事も、適量が大切なんです!!!

坊主頭のぼくがいうのもなんですが(笑)

また、成長によいからといって、妊婦さんは、過剰摂取しないようにして下さい。

そして前述したとおり、体内に蓄積されやすいビタミンなので、すぐに基準値を上回りやすいので気をつけましょう!!

欠乏したらどうなるのか

過剰摂取した場合の弊害や、取るとどんな効果があるのかを御所介しましたが、欠乏したらどうなるのか?です。

ビタミンAが不足すると、

  • 粘膜が乾燥しやすくなり、
  • 目が乾く、
  • 肌がかさつく、
  • 風邪を引きやすくなる。
  • 髪や、爪がもろくなる

等の症状が出ます。

また、疲れやすくなる等の症状もあり、錠剤で疲労回復を謳う物にはビタミンAが多く入っていたりします。

また、夜盲症になる恐れもありますので、過剰に摂取するのは問題になりやすいビタミンですが不足にも気をつけなければなりません。

お子様をお持ちの方は、成長停止・知能障害になる恐れもありますので十分気をつけて下さい。

色々と書きましたがよろしければご参考にしてください(^^)

ではでは

 

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-栄養・サプリメント
-

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)