低糖質ダイエット

甘味料にも実は色々とある!

砂糖を摂取するメリット・デメリットなど

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「甘味料にも実は色々とある」というテーマでお話ししたいと思います。

人工甘味料・・・・

色々と言われますよね(^^;

僕のツィッターへのご質問にも、定期的に人口甘味料に対しての質問が来ます。

そして僕はダイエットを目的としているお客様には「適度に使用してください」という表現に留めています。

よく身体に悪いとか、インスリンの感受性が・・・とか色々いう人いますが「適度」に使っていれば、ダイエットをしている時にこれほどありがたいものはありません!

何しろ「甘い」のに「低カロリー」なのです!

ダイエットをしている時に「甘いものが欲しい」と思う方は沢山いらっしゃいますしそこで挫折してしまう方も多いですよね(^^;

その点では、「人口甘味料」を上手に使わない手はありません!

しかし・・・・この甘味料・・・

実は色々とあるのを知っている方はおそらく少ないのではないでしょうか?

人口甘味料

まず、人工甘味料には大雑把に2種類あります。

一つは「糖アルコール」、もう一つは「合成甘味料」です。

糖アルコールとは、アルコール基を持つもので、天然素材を原料とする

  • エリストール
  • キシリトール
  • ソルビトール

などがあります。

キシリトールなんかはガムで有名ですね(^^)

それに対して「合成甘味料」ですが、こちらは天然素材ではなく、人為的に合成されたものです。

  • アスバルテーム
  • アセスルファムK
  • スクラロース
  • ネオテーム

と言った、ほとんど耳慣れないものが並びます(^^;

どちらも、甘味の割にカロリーになりにくく、血糖値も上がりにくいのです。

どうしてもダイエット中に甘いものを口にしたい場合は、とても心強い存在です!

・・・・そして・・・・

今日の本番はここからなんですが・・・・

異所化糖」というものがあるんです!

異所化糖

人工甘味料と違い、こちらの方が問題です!

この「異所化糖」とはどういうものかというと・・・

清涼飲料水やお菓子などに入っている安価な甘味料のことを言います。

「異所化糖」の多くは、トウモロコシから作った「コーンシロップ」を、異性化という科学的な操作により、ブドウ糖と果糖に置き換えたものです。

ブドウ糖・・・・果糖・・・・

これらは人工甘味料と違い、立派な「糖」です!

「異所化糖」と言われてもピンとくる人は少ないと思いますが、こう書くと栄養ドリンクの裏とかに書かれているのを見たことがあるという人も多いと思います。

「異所化糖」はブドウ糖と果糖に置き換えたと言いましたが・・

ブドウ糖の多いものを

  • ブドウ糖果糖溶液(果糖含有率50%未満)

果糖の多いものを

  • 果糖ブドウ糖溶液(果糖含有率50%以上90%未満)

と言います(^^)

ちなみに果糖含有率90%以上のものを「高果糖溶液」と言います。

液体化された「異所化糖」は栄養ドリンクに採用されているように、消化吸収がスムーズすぎるという特徴があります。

そのため食後血糖値の高騰を招きやすく、また果糖は肝臓で10%から20%がブドウ糖に変換されると残りは血液中に放出されます。

果糖はブドウ糖よりタンパク質と反応する糖化を起こしやすく、血管の機能障害から動脈硬化を起こしやすくなります。

また「異所化糖」は低音で甘みを増やす特徴があるので、清涼飲料水やアイスに多く添付されています。

栄養成分表には「異所化糖」ではなく

  • ブドウ糖果糖溶液
  • 果糖ブドウ糖溶液

と表記されているので、そう表記されていればこれのことだと思ってください。

果糖は本来果物に多く含まれていますが、果物は血糖値を上げにくくする食物繊維も豊富なので適量なら問題はありません。

今日は「甘味料」にも色々あるんだな・・というお話でした。

よろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-低糖質ダイエット
-, , ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)