疲れ・疲労回復

寝るにも「ルーティン」が大切!

2019年4月4日

みなさんこんばんは!

毎週木曜日は「疲労」をテーマにお届けいたしております。

今日は「寝るにも「ルーティン」が大切!」というテーマでお届けしたいと思います。

ルーティン・・・ご存知でしょうか?

最も有名なルーティンといえば、引退したイチロー選手の打席でのルーティンでしょう。

バットを振り上げ、目の前で立てて一瞬静止するあのルーティンは誰もが目にしたことのあるルーティンです!

ルーティン・・・これは「決まり切った仕事」のことを指します。

スポーツをしている方に限らず、仕事をしていく上て、もしくは勉強をはかどらせるためにも、ある一定のルーティンを持っているという方は、とても多いと思います。

では、今日のテーマである「睡眠」です。

疲労回復のためには「睡眠」は欠かせないものです。

この睡眠に「ルーティン」を取り入れている方っていらっしゃいますでしょうか?

睡眠にルーティン?

そんな大げさな・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「睡眠の質を高める」「二遊民をスムーズにする」ためにも、ある一定のルーティンを睡眠に向かって取り入れることはとても大切です。

特に「疲れすぎていて眠れない」という方も世の中にはいます。

ハードに仕事をしているというだけでなく、トレーニングがオーバートレーニング気味になっても、身体や頭は疲れているのに、なかなか眠れない・・・

そんな経験をしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった方には特にこの「ルーティン」が効いてきます!

しかし、闇雲に自分のルーティンを作るよりは、やはり効果的なルーティンは存在します。

まず、オススメなのは入浴とのタイミングです。

睡眠したい時間の60〜90分前に浴槽入浴をすることがオススメとなります。

これは、よく挿入句により一旦体温をあげ、それが徐々に下がってくるタイミングで寝ると、スムーズに睡眠につきやすくなるのです。

できれば副交感神経をこのときにあげたいので、少しぬるめのお湯で、時間はあまり長くなりすぎないように気をつけましょう。

10〜20分ほどで上がることを目標とします。

また、他に睡眠環境を整えていくことも大切です。

チェックポイントとしては

夕方以降ではカフェインの摂取を控える

室内の伝統はオレンジ系の間接照明にに切り替える

夜間はバソコンやタブレットをできるだけ見ない

寝室でスマホを見ない

足先が冷たい人はレッグウォーマーなどで末端を温める

寝室のカーテンを少し開け、朝になったら光が部屋に入るようにしておく

「眠くなってから」布団に入る習慣をつける

などがあげらけます。

眠りたいのに胸れないと、疲れが取れないばかりでなく、精神的にもストレスになります。

ぜひ、イチロー選手並みの「ルーティン」を確立して、スムーズな入眠習慣を得るようにしましょう!

色々書きましが、よろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

-疲れ・疲労回復
-

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.