体幹トレーニング

体幹トレーニングが本当に腰痛を予防や治療するのか?について

クランチ(腹筋運動)のトレーニング

体幹トレーニングが本当に腰痛を予防や治療するのか?

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「体幹トレーニングが腰痛を予防するのか?」というテーマで書きたいと思います。

よく言われませんか?

腰痛「予防」のために体幹を鍛えなさい!・・・・と(^^)

実はこれもいろいろな機関で、本当にそうなのか?という因果関係を研究しているらしいのてす・・・

まず結果を先に言います

今日はまず結果から言いたいと思います。

これ実は「よくわかっていない」というのが本当のところなようです。

非常に歯切れの悪い答えで申し訳ないのですが、事実なのでしょうがないです。

どういうことかというと、結果がいろいろな研究ごとに結果がいろいろ矛盾しまくっているらしいのです。

そもそも「腰痛」と一言で言っていますが、その原因は様々で、

  • 筋筋膜性腰痛、
  • ヘルニア、
  • 狭窄症、
  • すべり症、
  • 分離症

と、さまざまな腰痛があります。

これらを全て「予防する」という観点そのものに無理があるのです。

まず、原因のはっきりしている腰痛はともかく、筋筋膜性腰痛に代表される「非特異的腰痛」は、原因そのものが不明であることが多いです。

原因が不明なのに、その原因に体幹トレーニングが有効である・・・・

ってちょっといろいろ矛盾しちゃうんですよね(^^;

では原因に直接訴求しなくても、結果から導き出せば因果関係がはっきりするのでは?と思う方もいると思いますが・・・

そもそも「予防」というからには「痛みがでない」ことが結果です。

痛みがでない結果が「本当に体幹トレーニングを行った結果から」なのか「他にもっと原因がある」のか?

はたまた「その人は、そもそも何もしなくても痛みなんかでなかった」んじゃないのか?という感じで、直接的な関係が調べようにも調べられないと問題があるのです。

ま、そりゃそうですよね(^^;

ちなみに、体幹トレーニングが腰痛を本当に予防するのであれば、体幹のパフォーマンスと腰痛の発生率の間に統計学的な関連が存在するはずです。

Balagueという方がこれを研究した結果、

  • 体幹の筋肉のパフォーマンス(最大等尺性/等速性屈曲、側屈、回旋筋力テストによって測定)と腰痛の間に関連性を見出すことはできなかった

そうです。

もう一つ、体幹の筋力不足が腰痛を招くのであれば、体幹トレーニングをめちゃくちゃ行い、体幹の筋力が疲弊してしまう状態を作ることは腰痛をかえって招いてしまう原因になることも考えられます。

もちろん、体幹トレーニングが腰痛の予防にまったく関係がないとも言えず、研究の中には予防に効果的だったという結果がでているものもあるようです。

しかし、効果がなかったという結果もあり、要するに「いろいろな研究結果が矛盾している」というのが実情です。

次のページでは「予防」ではなく「治療」ではどうなのか?と言う点を色々とご紹介したいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-体幹トレーニング
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)