2軸動作について

一歩目を速く!は、つま先重心か? かかと重心か?

サッカーに必要な筋肉

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「一歩目を速く!は、つま先重心? かかと重心?」というテーマでお届けしたいと思います。

スポーツ競技をしている方の中には急なダッシュのスピードが何より大切!という方もいると思います。!

特に「1歩目」をいかに速く踏み込めるか?

これが命!というくらい大切なスポーツも多いですよね(^^)

特に剣道、フェンシング、ボクシング、キックボクシング、レスリングのような対人の格闘系、武道系の競技をしている方には必須な能力だと思います。

今日はこの一歩目の速さについて、色々とヒントになるかもしれない・・・というようなお話をしたいと思います。

重心について

一歩目を出す時に、みなさん足の裏の重心をどこに置いていますか?

おそらく大抵の方は「つま先」と答えるのではないでしょうか?

これらの競技は爪先立ちで、膝でリズムを取りながらタイミングを見計らって一気に踏み込む・・・・

という感じの動きになると思います(^^)

そこで・・・ここに一石を投じたいと思います!

人間の身体を動かす力の一つは筋肉です!

内面からのパワーによって身体を色々と動かす・・・

これはわかりやすいですし、トレーニングによって鍛えて伸ばそうとする能力もこれです。

しかし、人間の身体に働きかける力はこれだけではありません。

実は「重力」も人間の身体に働きかける重要な力です。

筋肉が「内から」であれば、重力は「外から」人間の身体に働きかけます。

この力をいかにうまく使うか?

これ結構大事なんです!

今日のテーマに置き換えて話をすると、一歩目を踏み込もうと身体を前傾させたとします。

すると重心はやや前に移動すると思います。

ここでつま先に重心がかかっていると身体の重心と足の裏の重心を結んだ線は地面と垂直に近くなりますよね(^^)

ここでです!!!

もし「かかと」に重心がかかっているとしたらどうでしょう。

身体の重心は相変わらず前ですが・・・足の裏の重心はかかと・・・

この二つの線を結ぶと・・・・かなり「前に傾いた線」になると思います。

すると、重力の力が働いて自然と前に一歩出やすくなりますよね(^^)

図にするとこうなります。

数歩ダッシュするというケースであれば、やはりつま先で地面を蹴るのが自然だと思います。

しかし「一歩」に限って言えば、かかとに重心を置いて「地面を蹴らず」に、前足から力を抜くようにすると低く素早い一歩が行えるケースがあるのです。

人間は筋肉によって「上」に素早く動くことはできます。

しかし「下」に素早く動こうとした場合、筋肉は無力です。

いかに力を素早く抜いて、重力の力を最大に利用するか?がポイントになります。

一歩目を速くする場合「重心線の傾き」(かかと重心)と「脱力」を利用するという方法もあるのです。

もう少し深く話をすると、格闘系の動きでは、足は「前後」になっていることがほとんどです。

前足は抜いて、後ろ足は蹴る(この蹴り足の重心がつま先になるかかかとになるかは、上体の前傾角度と深く関わるので一概には言えない部分があると思います)という方法もあります(^^)

筋肉のパワーだけでなく外力(重力)をいかに上手く使うか?

みなさんが行われているスポーツにフィードバックして色々考えてみるのもいいのではないでしょうか?(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-2軸動作について
-, ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)