筋力トレーニング

みんな大好き上腕二頭筋はベンチプレスの役に立つのか? について

上腕二頭筋(バイセプス)のトレーニング

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日はみなさんとのやりとりについて詳しくご紹介している日となっております(^^)

今日ご紹介するのはこのようなやり取りです。

質問
部屋で筋トレするためにwシャフト購入したんですがアームカールなどでベンチプレスの重量は上がっていきますか?

トレーニングセンターには中々行けず、しかしベンチプレスするためのセットを購入できない状態です!

週一回のトレーニングセンターはデットリフトに費やしたいので

野上鉄夫
アームカールとベンチプレスでは使用する筋肉が違うのでちょっとなんとも言えないです。

ないよりはあった方がいい・・くらいな感じです。

質問
やっぱりそうですよね ありがとうございます!

超回復とか外国の方たちは気にしてませんが気にしないでやると日本人は故障してしまうものなのでしょうか?

上半身下半身分けてやらないで毎日上半身と下半身やってるような人も聞いたりしますので!

野上鉄夫
故障する確率とオーバーワークになる確率が同じくらいでしょうか(^^;

あまり休みを入れないやり方はお勧めできないです(^^;

質問
わかりました! ありがとうございます!

ボディビルダーの方はポーズをとることによって大会が終わるとかなり辛そうです!

筋肉を緊張させるトレーニングとか良いと思ったのですがどう思いますか?

野上鉄夫
怪我をしている場合のリハビリとしてはいいですが、怪我してなければ普通のトレーニングのほうがいいですよ(^^)

というものでした(^^)

今日はもりもりですね(^^)

みんな大好き上腕二頭筋はベンチプレスの役に立つのか?

まず最初のご質問ですが、アームカールで使う筋肉というのは上腕二頭筋になります。

それに対してベンチプレスで使う筋肉は大胸筋・三角筋・上腕三頭筋の三つです。

そう、全然違う筋肉なのですがも全く効果がないかというと、そんなこともありません。

どういうことかというと、アームカールで鍛えられる上腕二頭筋はベンチプレスの時に全く使われないかというと・・・・ちょっと使われるんですよ(^^)

フリーウェィトトレーニングはその名の通り、自由な動きをする重量物を扱ってトレーニングします。

それを一定の軌道に乗せて動作するためには「固定筋」「安定筋」と言われる、動作を安定させるために働く筋肉が色々と働くのです。

ベンチプレス の時にはもちろん腕があっちこっちに行かないように上腕二頭筋もしっかりと働きます。

そしてこの力が強ければ、主動筋である大胸筋・三角筋・上腕三頭筋はその力をいかんなく挙上のために使えるのです。

上腕二頭筋も強いに越したことはないんです(^^)

外国のボディビルダー

次の質問である超回復についてですが・・・

まず外国のボディビルダーは参考にしてはいけません!(^^;

語弊を伴うかもですが・・・

かなりの確率であまり細かく描けないような薬を使用している可能性が高いです(^^;

そういう方たちとナチュラルなトレーニングをしている人は同列でトレーニングを語ってはいけないのです(^^;

また、日本人は元々の筋肉量が外国の方とは違うので、毎日高い負荷でトレーニングするのは向いていないです。

また、色々な研究で、毎日筋トレしても休みを適正に入れてもトレーニング効果は変わりはない事が証明されています。

故障、オーバーワーク防止のためにも適正な休息を入れた方が結果的に効果が高いのは明白です(^^)

最後の質問ですが、筋肉に力を入れる「だけ」のトレーニングは実際にあります。

特に例えば足の靭帯を痛めているとかの場合です。

足に負荷をかけたトレーニングができない場合でも「筋肉に力を入れる」ことによって筋肉の衰えをある程度防ぐという効果は見込めます。

ただし、筋肉に力は入れるものの筋肉の長さを変えない・・・・

いわゆるアイソメトリックトレーニングは、筋肉の長さを変えてトレーニングするアイソトニックトレーニングよりは効果としては劣ることが色々証明されています。

なので、普通に筋肉に負荷をかけて筋肉の長さを変えながら行う「普通の筋トレ」の方がオススメといいえます。

今回はいくつかのテーマに関してお話ししましたが、色々とご参考にしてくださいね(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-筋力トレーニング
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)