疲れ・疲労回復

スポーツ選手は心臓発作を起こしやすい?

アスリートと肥満の関係

みなさんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「スポー選手は心臓発作を起こしやすい?」というテーマでお届けしたいと思います。

よく、テレビのニュースでたまに出ててきませんか?

サッカーの試合中に、とある選手が心臓発作で倒れて死亡してしまう・・・

なんてシーン・・・・

非常に痛ましいですし、スポーツ・運動を生業にしている立場の人間から言わせてもらえれば、とても残念であるとともに怖い思いもします。

もしも、僕のスタジオレッスン中に心臓発作で倒れる人がいたら・・・ぞっとしますね(^^;

幸い自分のクラスではないですが、ジムで指導をしていたら、スタジオのインストラクターが血相を変えて「野上さん、お客さんが倒れちゃった、どうしよう!」

なんてシーンはこれまで何回か経験してきました(^^;

それらはまだ心臓発作はないので、幸にしてジムに常備しているAEDが実際に活躍したことはないです。

で、僕のこのブログを読んでいただけてる方々はスポーツやトレーニングをしている方がとても多いと思われます。

すると「スポーツしている人は早死にする」とか、「心臓に負担をかけているから、心臓発作とか起きやすいんじゃない?」とか、都市伝説にも似た噂が耳に入ってくることも多いと思います。

・・で・・実際のところどうなのよ?

と思われますよね(^^)

今日はこの辺を統計データを交えてご説明できたらと思います。

実際のところどうなのよ?

この問題の第一人者とされるハートフォード病院の心臓病専門医ポール・トンプソンは、運動の最中には致命的な心臓発作を起こす可能性自体は確実に高まると述べています。

んー・・・やっばり危ないの?と思われるかもですよね(^^;

しかし、これは、いろいろ広い目で見る必要があります。

「運動中の可能性は高まる」ものの、運動している以外の時は?という視点がまずあります。

これは運動を1時間しているとして、それ以外の23時間に起こる心臓発作のリスクは確実に50%に下がると言われています。

つまり運動中は確かに心臓に負担はかかるものの、その「運動の効果」によって、日常的に心臓発作に襲われるリスクは確実に下がるということなのです。

つまり1対23という圧倒的なリスク対比があります。

(正確にはちっょと違いますが・・)

1を怖がって、23のリスクが高まることを取るのか? ということですね(^^;

いやいや、それでも1のリスクが高まるのは嫌なんだけど・・・

という方のために(^^; さらに統計データをご紹介します。

実際、アスリートの運動中の心臓発作を起こす確率は「人間が犬に噛み付く位の確率しか発生しない」と揶揄逸れることがあります(^^)

(犬が人間にじゃないですよ(^^))

有酸素運動を100万時間行わせた場合に、心臓発作を起こして死亡するのは2人くらいということがわかっているそうです。

(トロント大学 ドナルド・レデルメイヤー)

これはですね・・・

45歳の人が100万時間普通に過ごして心臓発作を起こす確率と同じだそうです。

つまり・・・運動中に心臓発作を起こしたというのは、それは「たまたま運動中」であっただけで、実際は普通の時であっても起こしていた可能性の方が高いということが言えるんです。

また確率的な話で皮肉な話があるのです。

マラソン大会を都市で開いた場合、交通規制により交通事故で死亡するケースを防げる人数は、マラソン大会中に死亡する人の人数の2倍に上ると2007年に英国医師会が報告しています(^^;

またスポーツをしている時に心臓発作で突然死をした人を検視すると、なんとその94%が以前からなんらかの心臓の異常が見られることがわかっているそうです。

つまり、心臓に異常のない、健常者がスポーツが直接的な原因になって死亡するというケースは天文学的な数字になるくらい低い数字とが言えます。

またそれよりも、運動をしないことによって心臓発作を起こすリスクの方がはるかに高いのです。

とは言え、運動中のリスクが0だということではありません。

大事なのは、普段の健康診断で心臓などに異常がないかどうか調べておくことや、準備体操をしっかりと行う、水分補給や栄養の補給をしっかりと行うなどの、リスクを低減させる措置は必ずしなければなりません。

また、体力に応じた運動を行い運動強度を上げる時も徐々に行うなどが大切な要因になります。

運動によって得られるメリットは計り知れません。

ぜひ事前のケアをしっかり行い、安全に運動を実施して健康な体を手に入れて病気になりにくい身体を作ってもらいたいなと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-疲れ・疲労回復
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)