筋トレの組み方や計画の立て方

なんで大きな筋肉からトレーニングしていかなければならないのか?について

レッグプレス

なんで大きな筋肉からトレーニングしていかなければならないのか?

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は、みなさんとのやりとりを詳しくご紹介している日となっております。

今日ご紹介するのはこのようなやりとりでした。

まず、いつも僕のつぶやきについてです。

野上鉄夫
トレーニングプログラムの作り方の基本、大きな筋肉を先にトレーニングし、徐々に小さな筋肉のトレーニングをするようトレーニングの順番を組み立てましょう(^^)

このつぶやきに対して

質問
なるほど。大きい筋肉から、という理由ってなんでなのかなぁ?

血流とか?上半身と下半身、どちらを優先するかもあるんでしょうか?

野上鉄夫
全身を一日で行うなら下半身からが基本です。

小さな筋肉を先に行うと、後で大きな筋肉を使いたいときに、小さな筋肉の疲労が足を引っ張って、使用重量が軽くなってしまうからです。

と言うやり取りでした。

今日はこの点について少し詳しくお話をしたいと思います。

まず、1番の基本は質疑応答にあったように、小さな筋肉を先に行うと、後で大きな筋肉を使いたいときに、小さな筋肉の疲労が足を引っ張って使用重量が軽くなってしまう事です。

例えば、胸のトレーニングと腕のトレーニングを同じ日にやろうとします。

胸であれば、基本のベンチブレスから行うという方も多いでしょう。

しかし、この時に肩の筋肉や上腕三頭筋というベンチプレスの時に胸と一緒に使う筋肉を先にトレーニングするとどうなるでしょう?

それらの胸より小さな筋肉が先に疲弊してしまうと、ペンチブレスを最後に持ってきた時に、胸の筋肉は全然疲れていないのに、肩や腕が疲労困憊でそこがネックとなり上がるものも上がらなくなってしまいます。

すると当然胸の筋肉へのトレーニングは不十分になってしまいます。

こういうことを防ぐために

  • 筋肉は大きな場所からトレーニングする」ということが基本

としてあげられます。

また、これはちょっと話がずれますが胸の筋肉の種目を数種目行うのであれば

  • 使用重量の重い種目から行う」ことも基本

となります。

胸の種目で最も使用重量の重い種目といえば、やはり「ベンチブレス」になると思います。

まず、こういう高重量を使用できる種目から行っていき「重量」という物理的な刺激を筋肉に与えてあげることは筋肉を大きくしたいという方にはとても大切な基本となります。

ただ、あくまで、同じ筋肉の中での種目の並びの順番は「基本」の他に色々な「応用」があります。

たまに、使用重量の軽い種目から始める手法もあるということだけ頭の片隅に置いておきましょう!

話をちょっと元に戻します!

筋肉の大きい順番にトレーニングするということで、基本的な並びは上半身であれば

  •  胸→肩→上腕三頭筋
  • 背中→上腕二頭筋

の並びでトレーニングすることはもう鉄板の順番だと思っていただいていいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-筋トレの組み方や計画の立て方
-, ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)