ダイエット

短期ダイエットに成功するために

女性バイク

みなさんこんばんは!

パーソナルトレーナーの野上です。

ダイエットはできるだけ短くしたい!

誰もが思うことだと思います。

でもフィットネスクラブの指導員や栄養の指導員の方から、もしくは書籍やテレビで「急激なダイエットはよくない」「長い目でダイエットを見ましょう!」というセリフを一回くらいは誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか?

しかし実際の所、長期的な視野でダイエットを考えられる人はとても少ないように思います。

どうしても1ヶ月で痩せたい・・・・いやいや、2週間で・・・いや10日間で・・・

なんて単位で考える人の方がむしろ多いように思います。

「1ヶ月で完結するダイエット手法」セミナーを聞いて考え直したこと

以前ビックサイトで受けたセミナーの一つに「1ヶ月で完結するダイエット手法」というセミナーを受けてまいりました。

そして・・・とても考え方に参考になった部分が多かったです。

通常のスポーツクラブのインストラクターだと、一ヶ月に2kg以上のペースでダイエットするとリバウンドの確率が上がるということを指摘すると思います。

また食事制限だけのダイエットだと、筋肉が落ちてリバウンドしやすくなるというのもよく聞かれる話です。

食事だけの短期的なダイエットというのは、通常警笛を鳴らされるダイエットの典型パターンのように扱われるのが普通だと思います。

でもこのセミナーを聞いて・・・

これはありだ!!と思いました。

もう一つ大概、ダイエットの悪の槍玉にあがる「単品ダイエット」系です!

これもやり方によっては「あり」かとも思いました。

いやいや、いつもまともな事を言っている野上さん・・・何言ってんの?

というツッコミがきそうですが、大マジです!

誤解していただきたくないのは、これらの指摘が間違っているわけではありません!

ただ、考え方を少し柔らかくして「うまく活用」していくことが出来るということなんです。

短期ダイエットについて

まず僕は短期ダイエット自体は決して悪いことだとはあまり思っていません(^^)

「減量期」という、脂肪を落とす時期のメインは運動より食事の方が役割としては大きいです。

でも脂肪を減らすための食事制限って、長期的に行うのって難しいんですよね・・・・

相当な根性や気合いが必要だと思います。

なので、食事の制限はあらかじめ「短め」に「期間を区切る」ことが大切です。

なので短期ダイエットというのは「あり」だと思っているんです。

食事制限期はどんなに長くても2ヶ月までにした方が良いです!

そして個人的にですが、それより短い分にはいくら短くてもいいと思っています。

えっ・・・? それなら1日でもいいの?

なんて思われるかもですが、それでもいい!と思っています。

ただし、もちろん1日食事制限をしたからって大幅に脂肪が減るわけではありません。

ここで大切なのは筋トレと同じです。

どういうことかというと「何セットか行う」という考えが必要です。

例えば仮に1週間の食事制限を実施したとします。

1週間後食事は通常に戻したとしましょう。

すると、1週間も何かしらの食事制限をしていればそれなりに効果は出ていると思います。

500gかもしれないし、1kgかもしれないです。

そして「食事を戻した時の最大の目標」はその出た「減量効果を維持する」ことになります。

ここで大事なのは「運動」です。

運動ができていれば、体重(脂肪)は「短期で出た効果を維持できている」ことが見込めます。

そしてしばらく経ってからまた「1週間だけ」食事制限をしてみます。

すると予め低い体重からまた減量期をスタートできます。

そしてそこからまた「減量」を期待できます。

これを繰り返し4セットできていれば、食事制限をできている期間は合計4週間・・・つまり1ヶ月です。

もちろん2週間の食事制限の後、一旦解放して1週間後にまた2週間の食事制限をするとかでもOKです。

もしくは、最初はダイエットに気合いが入っているので、1ヶ月食事制限を行い、その後1週間は食事を通常に戻し、次の食事制限期間は3週間実施、また1週間食事を元に戻し、次は2週間実施、また食事を1週間戻し、最後は1週間実施・・・

と、後に行けば行くほど食事の制限期間を短くして行くと「また食事制限か」と思う時に「まあ、前回よりは短いし」と思える方も多くなると思います。

これだと、食事の制限期間の合計はトータル2ヶ月半にも及びます。

これくらいの期間それなりの食事制限を実施できればかなりの効果が見込めると思います。

短期間ダイエットを何セットか組み合わせて行くことによって、大きな効果を期待するという寸法です。

そして、この食事制限の主役はできるだけ炭水化物をカットすることに注力しましょう。

朝と昼に関しては、摂取した炭水化物は、一日のエネルギーとして消費される可能性が高いです。

それより、夜に摂取する炭水化物をどれだけ減らせるのか?が、短期での減量を成功させる鍵となってきます。

ご存知だとは思いますが、炭水化物は体の中に入ると「糖質」となります。

この「糖質」を減らしたいのですから「炭水化物はカットしたから甘いものは食べても大丈夫」とか思わないでくださいね(^^;

短期ダイエットの成功のコツはあくまで「減量は食事で短期間」、維持は「運動」で!です。

そして大きな効果を最終的に狙いたかったら「何セットかやる」のを前提に食事制限してみると言う感じです。

よろしければこの短期ダイエットの複数セットの実施、お試ししてみてください(^^)

次のページでは単品ダイエットについて少しお話ししたいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)