筋力トレーニング

「筋肉痛の時に筋トレしても大丈夫?」「筋肉痛をあてにするな!」について

筋トレ疲労

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

一週間に1回くらいのペースでこの質問をいただくことが多いです。

「筋肉痛の時にウェイトトレーニングはしないほうがいいですか?」と・・・・

これはいつも同じ返答をするのですが、基本的に「しないほうがいいですよ」と答えております。

ちょっと考えれば誰でもわかるのでは?と思うのですが、気にかける方の多さにいつもびっくりします。

そんなに痛い時にでもトレーニングしたいんでしょうかね?

ドM?(^^;

おそらくですが、このようなご質問をされる方のほとんどが「筋トレビギナー」の方達ではないかと推測されます!

気合一発、今年こそかっこいいカラダになってやるぜ!

・・・と、筋トレをがっつり始めて見ました!

しかし身体が追いつかず当然のように筋肉痛に陥り・・

でも、始めたばかりなので当然モチベーションめっちゃ高い状態ですから、できるだけ早く結果を出したい!

筋肉をつけたい!

この時間が勿体無い!

筋肉痛の時にトレーニングしても大丈夫なのかなあ?

という心理に陥り、たまらず質問をしてくる・・・・・

というパターンなのではないでしょうか?

まあ、気持ちはよくわかります・・・・・(^^;

ちなみに最初から出鼻をくじくような事をいうようですが、筋肉痛に関しては「本当に正確な事」については現在もわかっていないのです。

しかし、もちろん色々な研究はなされています。

筋肉痛の時にトレーニングを休んたほうがいい理由

理由その1  そもそも筋肉は休ませた方が良い

まず大前提として「大抵の筋肉痛は2~3日でなくなる」ということがあります。

つまりそういうご質問をしてくる方は、トレーニングをして筋肉痛が出ている状態・・・

つまり筋トレをするようになってからあまり時間が経っていないことが予想されます。

そういう筋トレビギナーの方はなまじモチベーションが高いので、

  • 「毎日トレーニングすれば早く筋肉がつく」
  • 「筋トレしていない時間が勿体無い」

と感じているかもしれませんが・・・・

筋肉をつけたかったら筋トレと筋トレの間は48時間から72時間あけることが基本となります

その休息期間の間に「超回復」が起こり「筋肉が合成されて」筋肉がついていくのです!

したがって筋トレ後はきっちりお休みを入れてあげることが大事なのです。

しかしこの休みをいれずに「トレーニングしても大丈夫ですか?」と聞いてきている可能性が高いように僕は思っています。

なので「休みましょう」とアドバイスしているんです(^^)

僕も筋トレしていて新しいトレーニングをすると筋肉痛になることはいまだにあります。

しかし次のトレーニングまである程度期間を置くので、次の筋トレ時にはその筋肉痛は無くなっていることが殆どです。

つまり「筋肉痛の時にトレーニングする」なんて事態がそもそもおこらないことの方がむしろ普通です。

理由その2 「いいトレーニングができない」 

筋肉痛の時はトレーニングを休んだ方が良い一番大きな理由は

  • いいトレーニングができない
  • 筋肉痛の時にレーニングしたって、まともなトレーニングができない

ことが挙げられます。

だって・・・・痛いんですよね?

だったら痛くていつもの重さと回数、セット数のトレーニングできないですよね?

つまり「質の低いトレーニング」をする可能性が高いのです。

また痛みによっていつものフォームができないことも考えられるので「怪我のリスクが高い」事も予想されるんです。

また筋肉をつけたかったら、少なくとも最大挙上重量の67%以上でトレーニングしなければなりません。

しかも回数は

  • 67%だったら15回
  • 70%だったら12回
  • 75%だったら10回
  • 80%だったら8回
  • 85%だったら6回

と、扱う重量と回数は決まっております。

さらにこれを90秒から2分インターバルで3セット以上行わなければなりません!

しかし、筋肉痛のときというのは、痛みにより

  • いつもの重さが上がらない
  • いつもの回数・セット数むがこなせない
  • いつものフォームでできない
  • いつものスピードが出せない

ので、とても「質の低いトレーニング」しかできなくなってしまいます。

筋肉が痛くて低い重さ、低い回数、少ないセット数しかできないトレーニングは正直やっても無駄なレベルのトレーニングになります。

どうせあと1~2日休めば筋肉痛なんてとれますし、また何回か同じトレーニングをしていれば大抵筋肉痛は出なくなるものです

だったら、1~2日ちゃんと休んで、筋肉痛のとれた万全の状態でしっかり上記の重さと回数・セット数をこなせる「質の高いトレーニング」を行っていただいた方が筋肉はつきやすいと言えるでしょう!

ただし・・・

筋肉痛には程度の差があります。

これがあまりに主観的なため、ちょっと例えようがないのです・・・

軽い筋肉痛程度だったら、ちょっと動いてしまった方が筋肉痛が消散する傾向もあるんです。

ただし、この境目が非常に曖昧でおすすめの目安というのがなかなか言えないんですよね。

なのでもうこれの一言に尽きてしまうんです。

「あまり痛いときは休んだほうがいいですよ。軽い筋肉痛程度だったらやっても大丈夫です」と・・

なんかフワッとした言い方ですが、これはもうどうしようもないんです。

次のページでは筋肉痛の研究についてお話ししたいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-筋力トレーニング
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)