ジャンプ

「体のキレ」と「スクワットジャンプ」の関係について

回転スピード

みなさんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「体のキレとスクワットジャンプの関係について」というテーマでお届けしようと思います。

まず皆さまとのやりとりを一つご紹介したいと思います。

質問
プライオメトリクストレーニングとRFDトレーニングの違いを教えてほしいです。

あと、プライオメトリクスやRFDトレーニングの頻度はどれくらいやるのが効率良いですか?

野上鉄夫
プライオメトリクストレーニングはジャンプ系のトレーニングなのに対し、RFDは、「初速」を高めるためのトレーニングです(^^)

頻度的にはその他のトレーニングとのバランスもありますが、週に2〜3回は欲しいところです(^^)

というものでした。

スポーツをしている方だと、ジャンプ力や瞬発力が必要不可欠な要素になってくる方も多いと思います。

また、それと同時に動きの「キレ」に関しても同様のことが言えると思います。

実はこの二つのトレーングは似て非なるもので、トレーニングの内容は全然変わってきます。

身体の「キレ」とは

体のキレ・・・・めっちゃほしんですけど!

という方多いと思います(^^)

でもですよ?

ジャンブ力ならジュンプの高さを、スピードならタイムを、力なら挙上重量を測ればいいのですが・・・

体のキレって非常に曖昧な表現というか、そもそも体のキレって何で測るの?と思われる方も多いと思います。

まあ他にも要素はあるのですが、最も手軽なのは「RFD」という速度を測るのが一般的だと思います。

何じゃそりゃ?という方も多いと思いますが、これは「力の立ち上がり速度」というものです。

今回の質疑応答は、僕のYouTubeチャンネルの動画からのご質問ですが、その中でRFDトレーニングというものがあるというお話をしています。

RFDとは?

これはいわゆる「0発信の能力」です!

例えば筋力の立ち上がりが0.5秒で100%迄立ち上がるA選手がいるとします。

そしてこのA選手は、0.2秒の時に60くらい迄パワーが立ち上がったとします。

それに対して別のB選手は0.7秒で100%の力が立ち上がるとします。

バワーレベルが同じとすれば100の筋力を発揮するのに0.7秒かかるわけで、一般的な感覚からいうと、この選手の方が「加速が悪い」という判断になると思います。

しかし、スポーツは奥深いんです!

この「加速の悪い選手」・・が、もし0.2秒の時点で70迄パワーが出せる選手だったらどうでしょう?

0.2秒から0.5秒までの加速は圧倒的にA選手が勝ちますが、0秒から0.2秒迄の間であればB選手がA選手を上回れるわけです!

IMG_4218.jpg

面白くないですか?

つまりB選手の方がいわゆる「キレ」がいい事が想像出来ます!!

球技、主にサッカー、バスケなどのフェイントを多用するスポーツのみならず、バレー、卓球、バトミントンのようなわりとクローズな環境で細かく動く必要のあるスポーツではどちらの能力があった方が有利なのか・・・お分かりですよね?

この「RFD」ってわりと日本では地味なんですが、海外では有名な指標の一つです。

まず、この「RFD」という概念があり、スポーツシーンではかなり大事な要素であるという事をしっかりと覚えておいていただきたいと思います!

次のページではこのRFDの能力を向上させるトレーニングについてご紹介したいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ジャンプ
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)