ダイエット

ダイエットにはご飯食とパン食とどちらが良い?CD値から見てみた!

ダイエット・減量の総合情報

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です。

今日は「ご飯よりパンの方が太る?」というテーマでお届けしたいと思います。

これ・・・・よく言われますよね(^^;

パンの方がご飯より太る・・・って・・

しかし昔うちのクラブに来ていた外国のお客様が「日本に来てご飯(米)で太った」ということを言っていました(^^;

日本のご飯はヘルシーなはずなのに・・・と嘆いていましたが(^^;

ちなみにその方の体型はいわゆるりんご型・・丸々とした体型でした

あれより太るって・・・と当時思っていましたが(^^;

しかし、ご飯もパンも基本的な栄養素は炭水化物です。

炭水化物は1g4kcalであることに変わりはありません。

そしてご飯でもパンでも食べすぎればもちろん両方太るのも当然と言えば当然です。

じゃあ、なんでパンの方が太るなんて言われるのか?です

なんでパンの方が太るなんて言われるのか?

本当のところはどうなんだ?というところなんですが・・・・

まず「全体的な傾向としてはお米よりパンの方が太る要素は多い」ということが言えます。

なぜか?

それはまずパンの場合どうしても「バター」や「マーガリン」という「油系」のものを塗ったり一緒に食べたりする機会が多くなるからです。

ご飯の場合、ご飯のお供は漬物に味噌汁とか、おかずでも肉・魚両方、生でも焼いても煮てもいけると思います。

これに対して、パンに刺身とか・・・あまりないですよね(^^;

パンだとどうしても「ベーコン」などのように「油脂」がないと美味しくいただけないものです。

水分の差

なぜか?

もっとも大きな違いは「水分」にあると言えます。

ご飯は水と一緒に炊くので中に水分が十分に含まれています。

一方パンは焼き物であるため、どうしても中の水分は飛んでしまいます。

なので、水分が飛んでパサパサしているものを「もっちり」にするにはどうしても「油」を塗るということになります。

水分を含ませるとパンの場合かなり食感が落ちますよね。

だからパンに挟むサラダの野菜は水をよく切らないとダメです。

水浸しの野菜をパンに挟んでいるのを想像してもらえればわかりやすいと思います。

コンビニで売っているパンで食感がもっちり柔らかいものは少なからず「油」が生地に入っていると思っていただいていいと思います。

油は・・・そう、もっとも高カロリー(1g9Kcal)なので当然太る原因になりやすいです。

もう一つパンは「糖分」とも相性がいいんです。

菓子パン、デニッシュパン・・・パンにトッピングされているものには大抵「糖」が使われていると思います。

ご飯に砂糖・・・・・あまりないですよね(^^;

せいぜいその組み合わせは「おはぎ」くらいではないでしょうか?

次のページではご飯とパンをGI値やCD値と言った数字に当てはめて比較したいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)