スポーツの為の体幹トレーニング

相撲の体幹トレについて

相撲のトレーニング(稽古)

相撲の体幹トレについて

「蹲踞」

蹲踞・・・ご存知ですか?

両膝を開いて、つま先立ちで座る相撲では基本の座り方です。

体幹トレーニングの基本は「床と接地している場所」をいかに「面」から徐々に「点」にしていき接地面積を少なくしていきながら「フラフラ」した状態を作ってあげるかがポイントです。

蹲踞では床とついている面が「つま先」になりますよね。

いわばほぼ「点」です。

開眼片脚立ちという「片脚で何秒立っていられるか?」という体力テストの項目があります。

これがあまりよくできない人って結構います。

そういう方は、まず腰を落として「蹲踞」がちゃんとできるかどうかを試したみてはいかがでしょうか?

まず「蹲踞」がちゃんとできるようになったら・・・・

さらにここから、ちよっと一工夫ですが・・・やっぱり「目を閉じます」(^^;

いきなりできなくなる方が多くなると思います。

この時にバランスが崩れるような感じなりますが、これを体幹で支えるのです。

まあ、JOBAという乗馬するような座っている座面がランダムに動いて体幹を鍛えるマシンがありますが、蹲踞の姿勢でフラフラするとこれに似たトレーニング効果が期待できます。

「てっぽう」

柱に手のひらでパンチをするように打ち付ける稽古です。

ボクシングではサンドバックを殴るのですが、それの相撲版です。

ボクシングもそうですが、この場合「体幹」はかなりいろいろな仕事をしています。

まず、柱やサンドバックを「突く」には体幹をひねりながら動作します。

この時点ですでにかなり実践的な体幹トレーニングになっています。

体幹トレーニングって寝ながら行う種目が多いですが・・・・スポーツはそのほとんどを「立って行う」ものです。

そう、体幹トレーニングのような「寝た形」で行うスポーツなんて実はほとんどいないんです。

サンドバックや「てっぽう」のように「立ちながら」「体幹にいろいろと力を入れる」トレーニングって結構、実践的な体幹への力のいれ方を学ぶ(立った姿勢で体幹に負荷をかける)ことはとても大事です。

もう一つ効果があるのが「突き」のような能動的な動きではなく「プランク」のようなある意味「受動的」な体幹のパワーの発揮の仕方もこの「てっぽう」で学べるのです。

どういうことかというと「てっぽう」やサンドバックを殴るときには、必ずその突きがぶつかった時の「反発力」が自分に返ってきます。

これを立ちながらしっかり体幹で受け止めることに慣れると、押し合いへし合いといった状況での体幹の強さが養われます。

「ぶつかりげいこ」なんていうのはその最たるものですね。

お相撲さんがシットアップして腹筋を鍛えている・・・ってあんまり想像できないですよね(^^;

お相撲さんは、実際にてっぽうやぶつかり稽古などで立ちながら実践的な筋肉を養って、あの巨漢同士がぶつかっても大丈夫な屈強な体幹を作り上げているのです。

ボディコンタクトが多く、そのような時の実践的な体幹のパワーが欲しい・・・

そのような方はよろしければ、ご参考にしてください(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スポーツの為の体幹トレーニング
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)