スポーツの為の体幹トレーニング

相撲の体幹トレについて

相撲のトレーニング(稽古)

相撲の体幹トレについて

「すり足」

「四股」は知っている方も多いと思いますが「すり足」って知っていますか?

これは、四股の形で腰を落とした姿勢をキープしつつ(正確には腰割りという)、脇を閉じ、足を滑らせるようにしながら前進するものです。

四股の形を取っていますので、つま先・両膝は開いて、腰も落としたまま行います。

まずポイントは、手と足が同じように出るということです。

普通は右足が前に出れば、その逆の左手を前に振りながら歩いたり走ったりするものです。

しかし、すり足の場合まるでロボットが歩くときに真似をするような「同じ側の手と足を同時に前に出しながら」進んでいきます。

動作の注意点としては「股関節で足を運ぶ」ことです。

足の付け根から足全体を運ぶので、足が床を「擦る」のです。

感覚的には股関節を開いて身体の中心を安定させる感覚を生かして身体を前に移動します。

これは相撲の立会いで相手とぶつかってもブレない安定性を養うのに最適なトレーニングです。

トレーニング的には「足腰」を鍛えるトレーニングなのですが、「体幹トレーニング」としても割りと大事なトレーニングだったりするんです。

ただし体幹を鍛えたい場合はこの「すり足」に一工夫が必要です。

どういう工夫かというと・・・・「ダンベル」を持ちます。

持ち方は、ダンベルを下から・・・アームカールのフィニッシュ(一番上にあげた状態)ポジションでダンベルを持つようにします。

「ダンベルすり足」というものなのですが、ダンベルを顔の前にキープしながら、すり足をしていきます。

比較的高い位置でダンベルをキープして移動するので、体幹には様々な方向から、この姿勢をキープさせるために必要な「固定筋」の動員がなされます。

もちろん、股関節にも「足を広げながら」「腰を落としながら」「前に移動する」という、とても特殊な負荷のかかり方をするトレーニングで股関節周りのいろいろな筋肉を動員して鍛えてあげることができます。

ポイントは「疲れてきても腰を低く保つ」ということです。

いやーきつそうだな・・と思われた方、それは正解です(^^;

単純な腕立てやベンチプレス、スクワットなどのトレーニングと違い「全身の筋肉を協調させながら行うトレーニング」というのは、動員される筋肉が多岐にわたるので決まった筋肉「だけ」に負荷をかけるトレーニングよりもきついケースが多いんです。

あんまりスポーツクラブや自重トレーニング、グランドでのフィールドトレーニングでも目にする機会のないトレーニングですが、トレーニングのバリエーションの一つとして、ご自身のトレーニングプログラムに加えてみてはいかがでしょうか?

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スポーツの為の体幹トレーニング
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)