ダイエット

糖質オフにプラスする、ちょい足しテクニックについて

2019年5月20日

糖質(糖類)の制限によるダイエット

みなさんこんばんは!

毎週日曜日の夜は「ダイエット」をテーマにお届けいたしております。

今日は「糖質オフにプラスする、ちょい足しテクニックについて」というテーマでお届けしたいと思います。

ライザップを始めとして、今や低糖質ダイエット、低炭水化物ダイエットは、広く世間に広まっていると思います。

どんな方でも、今時ダイエットをしようとしたら、まず、夜ご飯の炭水化物を抜こうとするのは、専門的な知識がない方でも、すぐに思い浮かぶテクニックとなりました。

一応、低糖質ダイエット、低炭水化物ダイエットはなぜ痩せるのか?の基本をおさらいしたいと思います。

炭水化物は体の中に入ると「糖」に変わってエネルギーとして使われます。

なので、低糖質ダイエットも低炭水化物ダイエットも最終的に行き着くダイエットのメカニズムとしては同じになります。

炭水化物や糖が体内に入ると、血管の中の糖のスコアが上がります。

これは一般的に「血糖値」と言われるものです。

特に食後30分から45分の間で、この血糖値はどんと上がる傾向になります。

すると、インスリンという物質が血管内に分泌されて、糖が体内に吸収されて、血管内の糖のスコアは低下します。

そして体内に吸収された糖はエネルギーとして使われたり、脂肪として蓄えられたりします。

この「食後血糖値」の上がり方が急激であればあるほど、インスリンは大量に分泌されることとなり、結果、脂肪にもなりやすい・・・という顛末になります。

したがって、血糖値を急激に上げないようするにはどうすればいいのか?というのは、ダイエットに置いてはとても重要なポイントを占めます。

また、そもそも、糖が入らなければ、インスリンも分泌されず、脂肪にはそもそもならない・・・ということもあり、低炭水化物ダイエットが理由こうしているのです。

また、カロリー的な面からも、人は1日の摂取カロリーの60%を炭水化物や糖から摂取しているので、そこをカットすることが総摂取カロリーの低下にもっとも効果的であるという側面もあります。

そのような中、今日は「いかに血糖値を上げないようにできるのか?」についてのちょい足しテクニックをご紹介したいと思います。

先ほど述べたように、糖質を摂取すると、食後の血糖値が上がります。

しかし、「食べ合わせ」によって、この血糖値の上がり方を穏やかにすることができるのです!

ヨーロッパの研究で最もパンを摂取した時に血糖値の上昇が低かった食べ合わせがあります。

それは・・・・オリーブオイルです!

んー、清水もこみち君がドヤ顔しそうですが・・・(^^;

糖質というのは、単体で食べるよりも、たんぱく質や脂質と同時に摂取すると、血糖値の上昇が緩やかになるという特性があります。

逆に言えば空腹時に「糖質だけ」を摂取することが。最も血糖値が急上昇しやすく、太りやすいと言えるのです。

この研究でも、パンだけ単品で摂取した時が最も血糖値が急上昇しています。

朝起きて、時間がないから食パンに何も塗らずに口にくわえて慌てて登校する・・・

何かのアニメのワンシーンのようですが、これが最もいけないのです(^^;

ぜひ、糖質を摂取するときは、脂質、もしくはタンパク質と同時に摂取して、血糖値の無駄な上昇を抑えめようにしてもらいたいものです!

ただ、オリーブオイル自体は高カロリーなので、摂りすぎるとそれはそれで太りやすくなりますので注意が必要です!

ぜひ何事も「適度」に摂取するようにしてください(^^)

色々書きましたがよろしければご参考に(^^)

ではでは!

-ダイエット
-

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.