ストレッチ・柔軟

身体が柔らかいとスポーツパフォーマンスは必ず上がる?の誤解について

ラダートレーニング(階段トレーニング)について

最後にちょっと哲学的?

まず、ストレッチにおける柔軟性の向上についてです。

多くの方は動作能力を上げる為には柔軟性を極限レベルまで引き上げなければならないと思っている方も多いと思います。

実はこれはあまり正確ではないんです。

通常、スポーツの世界において、柔軟性の高さがそのまま成功の直接的な要因になる事はほとんどありません。

効果的な動作の能力は、動作のコーディネーションを含めた筋力に依存しており、柔軟である事は一定の状況下でこの能力を高めることを可能にします。

要するに柔軟性のトレーニングの目的はプレイヤーの関節の安定性が失われる所迄稼働域を広げる事ではなく、むしろより有効な動作のコントロールができるように柔軟性と結びついた筋力を獲得させることが大切になります。

んー、難しいですね!(笑)

ちなみに柔軟性が不要であるとか、そういうことをいいたいことではなく、もちろん障害予防としてある程度の柔軟性を高める事はとても必要です。

ただアスリートの場合ストレッチにあまりにも極限レベルの柔軟性を得ようとして時間をかけすぎてしまうのはいかがなものかという事なんです。

必要ではあります!ただし、もちろんそれだけではダメで、他のトレーニングの時間とのバランスを考えなければなりません。

要するに少なすぎてもダメですし、また不必要なまでに多すぎてもダメなんです。

少なすぎてダメは皆さん感覚的に分かると思うのですが、多すぎてもストレッチならありと思う方がわりと多いと思いますが、それは競技とのバランスをみて実施すべきだと言う事なんです。

動作のパフォーマンスがどれくらいの柔軟性を必要とするのか?、どのくらいの柔軟性があればそのスポーツの障害が予防できるのか?という観点でストレッチを見るのもたまには良いのではないでしょうか?

ただし、ほとんどの方はそのレベル迄柔軟性が足りていないのも実情なので、そういう自覚がある方はしっかりとストレッチを行なうようにしましょうね!

色々と書きましたが、よろしければ是非ご参考にしてください!

ではでは!

 

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ストレッチ・柔軟
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)