疲れ・疲労回復

オフィスでのちょっとした短時間で疲労回復をしたい場合には?

朝のストレッチ

「机から離れず入浴と同じ効果が? 」

次は机を離れずに入浴と同じ効果を得るには?という視点で書かせてもらいたいと思います。

そんなことできるの?と思われるかもですが・・・・

もちろん全身を湯船につけるほどの効果はさすがに見込めませんが、かなり近いような感覚は得られると思います。

人間は寒さ、暑さを感じる「スイッチ」のような箇所があります。

一つは「腰」!!

ここが冷えると他のどの場所を温めても寒く感じるものです。

次に「首の後ろ」です。

ここも冷えると他のどの場所を温めても寒く感じます。

入浴による疲労回復の効果は「血流の改善」にあります。

特に血流を改善させる効果が高いのは、熱いお湯と水を交代で浴びる「交代浴」です。

血管を伸び縮みさせることによって血行を促していく入浴法なんですが・・・

これをこの「寒さ暑さを感じるスイッチ」の所に処方してあげるのです。

具体的なやり方について

例えばカイロと冷たいペットボトルを用意します。

カイロを首の後ろにしばらく当てた後、今度は冷たいジュースの入ったペットボトルを首の後ろに当てるといった具合です。

もしくは会社などでレンジが近くにあるのなら、ペツトボトルをレンジで1分ほど温めます。

後は水で濡らしたタオルを用意して(氷水で冷やせると尚ベスト)交互に首の後ろに当てるといった具合です。

さらに、肩周り、腰回り、もしくは、女性がむくみやすいふくらはぎの部分などにもこの手法は簡単に使えます。

40秒から1分ほどずつ当てがっては交代して、また40秒から1分当てがう・・

これを繰り返すことによって交代浴に近い効果を得られることができます。

特に手で触ってみて「冷たい」と感じるようなところは相当血行が悪くなっています。

そういう場所はかなり疲労が溜まっている所だと思ってください。

それらの簡単な手法でピンポイントに血流を回復させてあげるのはとてもいい方法だと思います。

そして血流が回復した後に「んー」とそれらの場所をストレッチして伸ばしてあげることにより、さらに血管や筋肉が伸ばされ、柔らかくなり血流が回復し疲労物質も代謝が早まっていくと思います。

とても簡単にできる方法ですので学校や会社でよろしかったら試してみてくださいね(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-疲れ・疲労回復
-, , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)