肩こり・腰痛・痛み

痛みの震源地トリガーポイントに対するケア 腸腰筋編

2019年7月10日

痛みのトリガーポイント

みなさんこんばんは!

毎週火曜日は肩こり腰痛をテーマにお届けいたしております。

今日は、痛みの震源地トリガーポイントに対するケア 腸腰筋編 というテーマでお届けしたいと思います。

腸腰筋・・・えっ? あの腸腰筋?と思う方もいるかもしれません。

そう、今回は「腸腰筋」なんです!

腸腰筋を知らないという方のためにご説明すると、腸腰筋とは、足を上げていくときに使われる筋肉だと思ってください。

この筋肉は、背骨から骨盤にかけてと、太ももをつなぐとても大切な筋肉です。

大腰筋・小腰筋・腸骨筋の3つから構成されています。

人間が立っていられるのは、この腸腰筋が色々な働きをしているからに他なりません。

そんな大切な腸腰筋に痛みの震源地である「トリガーポイント」が発生するのか?という疑問を持たれる方もいるかもしれません。

これですね・・・ここにトリガーポイントができるケースもあるのです。

トリガーポイントとしては、背骨から出ている大腰筋の中間地点と、骨盤から出ている腸骨筋の付け根のあたり、そして太ももの付け根部分にトリガーポイントができる場合があります。

では、この部分にトリガーポイントがあるとどこに痛みが出るのか?です。

これは「腰」から「臀部」、さらに太ももの前部分に痛みが発生しやすくなります。

では、地用腰筋にトリガーポイントがある場合の対処の仕方ですが、まずは基本的なストレッチからご紹介しましょう。

腸腰筋のストレッチの定番は、足を前後に開いて、片膝立ちで座ります。

そのまま前足に両手をつきます。

ついた腕を突っ張って、上体を起こします。

この体勢で身体を前方に移動します。

後ろ足側の腸腰筋をストレッチする、代表的な種目となります。

次に筋トレの対策ですが、腸腰筋が緊張してしまうと、後ろ側のお尻の筋肉は緩む傾向になります。

なので、大臀筋をはじめとする「お尻の筋肉」を筋トレするようにします。

種目として手軽なのは「バックキック」です。

まずは四つん這いになっていただきます。

そのまま足を後ろに伸ばしてキープです。

5秒キープするようにし、それを10回ほど行うようにします。

足の上がりが徐々に下がりがちになりますが、できるだけ足は高いいちをキープできるようにしましょう。

最後にマッサージですが、椅子に座って、ベルトの高さで触れる腰骨に親指の腹を乗せます。

そのまま腰骨の内側に指の腹を入れるようにして圧迫します。

3秒〜5秒押して5秒休むを10回ほど繰り返しましょう。

なかなか痛みの原因が身体の奥を走っている腸腰筋にあるとは思わない方も多いと思いますが、腸腰筋も筋肉なので、痛みの原因がここにあったりすることもあります。

腰から臀部、太ももの前に痛みを感じるという方はよろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

-肩こり・腰痛・痛み
-

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.