ベンチプレスの正しいフォーム

僕がスミスマシンでのベンチブレスを勧めない理由!

スミスマシン(Smith Machine)

スミスマシンの存在意義は何もないのか?

確かにスミスマシンしかできないトレーニングは存在します。

例えば以前お客様に、あまりにも筋肉の量が多くてスクワットをする時になんと腕がバーベルまで回らないという方がいました。

その為、その方はバーベルを首の後ろに回してのスクワットができず、フロントスクワットといって鎖骨のあたりにバーベルを置いて行うスクワットをしていました。

ただ、やってみるとわかりますが、フロントスクワットは難易度が高い上にちょっと痛いのです(^^;

しかしスミスマシンであれば、首の後ろに置いたバーベルに腕が回らなくても、軌道が固定されている為バーを落とす心配がありません。

このように肩が極端に固く、腕が回らないけどスクワットをしたい・・・

そんな方にはスミスマシンのスクワットには意義があります。

また高重量でスクワットをする際どうしても不安であるという方には、スミスマシンのスクワットはやはり軌道が安定している上に上がらなくなってもそこでラックにかけられるので、最初スミスマシンでのスクワットで慣らしておくというのもアリといえばアリだと思います。

(ただ、この場合は、デッドリフトをしてた方が色々な意味でいいとは思いますが・・・)

そしてスミスマシンでのトレーニングで最もおすすめなのは、こういう筋肉を大きくしたいという目的で行うトレーニングではありません。

どいういうことかというと、スポーツの為のトレーニングを行う時にスミスマシンの真価は発揮します。

スポーツに必要なのは、筋量もさることながらその筋肉を素早く動かす瞬発力だったりします。

スミスマシンスローと言う種目をご存知でしょうか?

これは、スミスマシンでベンチブレスをする際、バーを上方に「放り投げる」種目です(^^)

いやいやいや・・危なくね?

なんて思われるかもしれません。

確かに普通のベンチブレスでバーを放り投げるなんてできません。

しかしスミスマシンは軌道が固定されているので、これが可能なんです。

腕を伸ばした場所で腕を動かさなければそのまま上に放り投げたバーをキャッチする事が容易です。

バーを放り投げると言うのはゆっくりバーを挙上するのとは全く違う筋肉の出力の仕方をします。

通常はこのような上半身の瞬発力は腕立て伏せでジャンプする「クラップジャンプ」と言う種目を行います。

しかし腕立てふせでのジャンプだと負荷の調整ができません。

そこで登場するのがスミスマシンです。

スミスマシンならウエイトを調整できますし、軌道も安定しているのでこの種目が可能になります。

もちろんインクラインで行うのもいいでしょう。

これらのような種目は普通のバーベルやダンベルではできない種目です。

上半身の瞬発力を鍛えたいと言う方は、このスミスマシンスローをご検討してみてはいかがでしょうか?

ただセーフティーバーは念の為必ず胸より高い位置に調整しておいて、万が一でもバーが体に落ちないようにしましょう。

こういうトレーニングは多少可動域が狭くなってもOKですので。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ベンチプレスの正しいフォーム
-, , ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)