ダイエット

血液ドロドロについて

内臓脂肪について

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は皆さんも耳にしたことのある言葉だと思います

「血液ドロドロ」と言うテーマでお話ししたいと思います

血液ドロドロ

人の身体の水分は約60%です。

でも、ちょっと考えてみて下さい。

人間の身体って、真水が出る所ってありますかね?

ないですよね。

そう、水分と一口に言ってもその大半は「血液」に含まれた水分の事です。

この血液中の「水分」が少なく、そして「血中脂質」が多い状態が、血液ドロドロと一般に言われる状態です。

実は血液の中にも「水」と「油」が存在します。

そしてこれらがどう流れる?です

ちょっと想像して見ましょう!

フライパンの上に、油を垂らした時と、水を垂らしたとき・・・

同じように流れるでしょうか?

油はゆっくり流れます

水は、さっと流れますよね?

油は物理的にどろっと流れる物なのです。

たとえば、山間の渓流は、水が流れているから、あのようにさわやかに流れています。

あれが、もし油だったらと想像してみて下さい。

同じように流れるでしょうか?

絶対無理ですよね(^^;

川でもドロドロ流れちゃいますよね?

これが血管の中で起こったとしたら・・・

想像してみて下さい。

だから、血中脂質、つまり血液の中の油分が多い程、ほんとに実際にドロドロと血液が流れてしまうんです。

水と油は混ざり合いません。

ドレッシングがいい例です。

なので血管の中でも、油は、水分とは別に流れています。

コレステロール

ちなみにこの油(脂)、その大きさによって名称が変わります。

中性脂肪・善玉・悪玉コレステロールは、その脂のサイズや質によって名称が分けられています。

まあ、それはさしおき、つまり、身体の中の水分量も血液の流れ具合に大きく関わってきます。

水分が多ければ多い程、血液はさらさら流れていると思っていただいてよいと思います。

脂と水を混ぜた時に、水の量が多い方がさらさら流れるのか、脂の量が多い方がさらさら流れるのかなんて、考えれば簡単に分かりますよね。

ちなみに、僕は、身体の水分量の理想的な範囲は、

  • 女性の場合、体重の50〜60%
  • 男性の場合55〜65%

が一番いい所だと言っています。

皆さんも、身体の中の水分量をぜひ機会があったら測ってみて下さい。

そこから、血液のドロドロ具合の一端が分かります。

ではでは。

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)