姿勢・身体の歪み

肩甲骨を知りたくないですか? 肩甲骨から見る身体の歪みについて

肩甲骨について知る

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「肩甲骨を知りたくないですか?」肩甲骨から見る身体の歪みについて!というテーマでお届けしたいと思います。

肩甲骨・・・・知ってます?

いやいや、知っているよ! 背中についているあの骨でしょ?

と答える方も多いと思います。

・・・でも・・・本当に細かく知っていますか?

なんて聞くと、大抵の方が尻込みしてしまうのではないでしょうか?

肩甲骨やその周辺の筋肉のことをすこしでも知っておくと、筋トレをするときのトレーニングにも役立つ事も多いですし身体のゆがみについて知る上でもとても役立ちます。

みんな知っていそうで知らない「肩甲骨」について出来るだけ分かりやすいようにそしてあまり解剖論のようにお堅い話にならないようにすすめていきたいと思います。

肩峰について

まず、この図をご覧ください。

みなさん肩を触ると一箇所だけ「骨が出っ張っている」ところがありますよね(^^)

この図でも確認できると思います。

これは「肩峰」といって、みなさんはおそらく「肩」と思っていると思いますがこれはりっぱな「肩甲骨の一部」です(^^)

まず鏡の前に立ってチェックしてもらいたいのはこの「肩峰」の左右の高さの違いです。

おそらくですが大抵の方がどちらかが高く、どちらかが低いという形になっているのではないでしょうか?

そしてもちろん高さが違うという方もいれば中には「いやあ、特に左右の高さに違いはない」という方もいると思います。

もし高さが同じ方も安心してはいけません!(^^;

もう一つチェックしてもらいたいポイントがあります。

それは、おへそ・胸の中央、顎、鼻、額の中心が一直線になっているかどうかです。

わかりづらいようであれば、鏡に床と垂直にテープを貼るか、糸に五円玉をくくりつけて反対の先端をテープで鏡に貼って5円玉を垂らしてみるのもありです(^^)

どうでしょう?

これも、結構傾いている・・・というかた多いのではないでしょうか?

この組み合わせからいろいろなことがわかります(^^)

肩甲骨は背中のどこかに骨と骨とがジョイントしてくっついているわけではありません。

そしていろいろな方向から筋肉で引っ張られています。

つまり「肩峰」の左右どちらかが高いと言っても、それだけでは

  • 身体全体が傾いているのか?
  • 片方の肩甲骨だけ上がっているのか?

がわかりません。

そこで身体の縦のラインを見るのです。

例えば身体の縦のラインがまっすぐで「肩峰」だけ左右どちらかが上がっている・・・

そんなケースがあるとします。

その場合上がっている「肩峰」を上から引っ張っている首から肩の筋肉がこわばっていたり硬くなっている可能性が高いです。

すると背筋はまっすぐでも肩甲骨「だけ」引き上げているので、片方の「肩峰」が高くなるのです。

この場合は上がっている「肩峰」の上の首から肩のラインを伸ばすストレッチを行ってあげることが大切です。

次にそもそも身体の縦のラインがまっすぐではない・・というケースです。

この場合は、肩甲骨というよりもっと根本の体幹の筋肉の左右差・・・

特に身体の側面の腹斜筋関係の左右バランスの悪さが考えられます。

(まあ、実際はもっと下から来ている可能性も高いですが、今日は割愛します)

この場合下がっている方の体幹を伸ばす「側屈系」のストレッチが必要になります。

また上がっている方の体幹は筋肉が弱い可能性があります。

こちらはサイドベント、サイドシットアップという脇腹系のエクササイズを多く行ってあげることが大切です。

「肩峰」の高さだけみて、身体の歪みに気づく方もいらっしゃると思います。

しかしそれだけではなく「背骨」の傾きと「肩峰」の高さの両方からみて自分の身体の歪みを分析してみてください(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-姿勢・身体の歪み
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)