歪みのチェック・テスト

足の筋肉のバランス崩れてませんか?「左右の足の筋力差と怪我のしやすさの関係」

レッグエクステンションの正しいやり方

「足の筋肉のバランス崩れてませんか?」

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「足の筋肉のバランス崩れてませんか?」というテーマでお届けしたいと思います。

スポーツにおいて、スピードや瞬発力が重要なのは言うまでもありません。

そして、スポーツの実際のシーンでは、いろいろな方向に方向転換をしたり、ダッシュやステップインをしなければならないスポーツも数多くあります。

サッカー、バスケ、バレー、テニスなど様々な球技でそれは見られます。

しかし、ここでスポーツあるあるなのですが、左右の足の筋肉のバランスの崩れというものがあると思います。

なぜなら、人には利き腕、利き足というものがありますし、何より片方にしかひねらなかったり、片方の腕しか使わないなんていうスポーツも数多くあります。

特にラケットスポーツと言われるものに関しては、ラケットを持つ腕ばかりが筋肉が発達してしまうなんていうことは、よく耳にすることだと思います。

これもこれで結構な問題であるとは思いますが、まだ腕のバランスの左右差があっても、スポーツパフォーマンスに与える影響というのは少ないと思います。
(それでもバランスが取れているに越したことはないですが・・)

しかし、ことこれが「足」であればどうでしょう?

どうしてもプレー時間の関係上、半身になってプレーすることが多く、そのため、足の筋肉のバランスが悪くなっているとしたら・・・・

よく使っている方の足の筋肉を使うようなシーンではいいと思います。

しかし、普段あまり使用しない方の足の筋肉を大きく出力しなければならないシーンになった場合、どうしてもスピードや瞬間的な動作において不利に働くことは否めません。

構えの段階からすでに半身になっているとか、それこそラケットスポーツのように片方だけにひねるスポーツを常にしていると行った場合、足の筋肉はどうしても左右のバランスは崩れていきやすくなります。

足の筋力の左右の「差」・・・・ないに越したことはないのですが、大抵左右が全く同じという方割と少ないと思います。

もう何千人も体組成測定機を使って、左右の足の筋肉の量を測ってきましたが、大概腕も足も左右の筋肉の量が違う方の方が圧倒的に多いです。

また、スポーツシーンにおいても、左右の筋肉を全く同じように使う・・・

そんなスポーツは、バーベルを使ったウェイトリフティング、パワーリフティングくらいなものではないでしょうか?

どうチェックしていけばいいのか?

では、まず、足の筋肉の左右のバランスが崩れているかどうかをどうチェックしていけばいいのか?です。

体組成測定器などでは左右の筋肉量を出してくれるものもありますので、そういうものでチェックするのも良いと思います。

しかし、筋肉量だけでは推し量れない部分があるのも事実です。

筋肉は左右同じ量でも、動いて見たら左右に結構な違いがあったなんていうのはよくある話です。

したがってそういう機械で測るのではなく、もっとシンプルな方法で実用的にチェックをしていくべきです。

どうするのかというと、結構簡単です。

その場で立った状態から「片足で飛ぶ」のです。

これを左右で実施して、左右の距離が違えば、自分の弱点である足が簡単にわかります。

そして、ここでもう一つポイントがあります。

それは「飛ぶ方向」です。

スポーツは必ずしも前方だけに動くものではありません。

いろいろな方向に動くのですから、この「片足ジャンプ」も、色々な方向に飛んで、それぞれの距離を測定して、どの方向が弱いのかとチェックする必要があります。

それこそ、前方は左足の方が飛べたのに、斜め後ろは右足の方が飛べたなんてことが出てくるかもしれません。

飛ぶ方向は、「前」「ななめ前」「横」「斜め後ろ」「後ろ」と、自分を中心に8方向満遍なく飛んで見てみる必要があります。

そして、極端に距離に左右差が出た場合、その方向へのジャンプトレーニングを強化していくことが弱点の対策には有効になってきます。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-歪みのチェック・テスト
-, , ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)