スピード・アジリティ

「目のスピードアップ」Aロッドもやっていた「フォーカシング」をご紹介!

2019年4月23日

目のトレーニングについて

皆さんこんばんは!!

毎週月曜日は「スピード・ジャンプ力アップ」というテーマでお届けいたしております。

ここ何回か「目のスピードアップ」というテーマでお届けいたしておりますが、今日もこのテーマでお届けしたいと思います。

今日お届けしたいテーマは「フォーカシング」です。

カメラのフォーカスをあわせるように「目のピント」をあわせる能力のトレーニングのことを言います。

前々回ご紹介した、ドアジャンプ・さらに前回ご紹介したハートチャートを覚えていますでしょうか?

ドアジャンプは2枚、離して壁に貼ってある紙に書いてある文字を、左右交互に読んでいくトレーニングでした。

ハートチャートは、その文字を縦1列ではなく、縦・横10文字くらいにまで広げて、より文字の選択を難しくして行うトレーニングでした。

これらのトレーニングもある意味で、目のフォーカスの能力を鍛えるトレーニングであったことには間違いありません。

しかしこれらのトレーニングには、まだ欠けている要素があります。

これらのトレーニングは、「壁に貼った紙」に書いてある文字を読むトレーニングです。

そう・・・壁・・・・

つまり、2次元上での目線の移動トレーニングであるわけです。

そしてこれらは「奥行き」方向のトレーニングではないのです。

いろいろなスポーツはあくまで「3次元」で行われており、その多くは奥行き方向への目の「フォーカス」の能力がとても大切になってきます。

しかし、壁に貼ってある紙の文字を追う能力を上げるだけではなく、「奥行き」方向の、目のスピードトレーニングも必要になるわけです。

ここで、そのトレーニングのいい例をご紹介したいと思います。

メジャーリーグが好きな方には、ご存知の方も多いと思いますが、A,ロッドという選手がいます。

そう、アレックスロドリゲス選手です。

かつて、松井選手や、かのイチロー選手もチームメイトとして尊敬してやまない、ニューヨークヤンキースを代表する名選手です。

このAロッド選手がバッターボックスに立つ前のネクストバッターボックスでとある「目のウォーミングアップ」をしていたそうです。

それはどんなウォーミングアップだったのかというと、まず顔の前にバットを持って、バットに書いてある文字、マークをじっと見て目の焦点をそこに合わせます。

そのあといきなりバットから目を離してセンターを守る選手に目のピントを合わせるのです。

最初はなかなかピントをあわせるまで時間がかかるものの、慣れてくると、カメラのピントが近くから遠くに瞬時にあわせるように、目の「ピントを合わせるスピード」も向上していったそうです。

野球のバッターなどは、まさに「奥行きのピントを合わせる能力」というのは非常に重要です。

このトレーニングは、家の中でもある程度はできます。

このAロッド選手のように、まず近くにある何かに目の焦点を合わせ、そのあと窓の外のなにか遠くの目標物を定め、そこに素早くピントをあわせるのです。

最初は不慣れでなかなか難しいかも知れませんが、続けていくとどんどんそのスピードがあがっていく事でしょう。

また、「近く→遠く」だけでなく、「遠く→近く」のピントも合わせるようにして目の「奥行き方向のピントあわせ能力」を鍛えてあげてください。

スポーツは3次元で起きていますので、ぜひこのようなトレーニングは、普段の何気ない時でも出来ますので、気軽に思いついた時に行うようにしましょう!!

いろいろ書きましたが、よろしければご参考にしてください。

ではでは!!

-スピード・アジリティ
-,

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.