肩こり・腰痛・痛み

なぜ、日本人には肩こりが多いのか?

肩こり(僧帽筋エリア)

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は、「なぜ、日本人には肩こりが多いのか?」というテーマでお話ししたいと思います。

肩こりに悩まされているという方はとても多いように思います。

僕もジムでの指導で、ラットブルダウントシーテッドローイングというマシンを指導する際に、肩甲骨を大きく動かすように指導するのですが、この時に肩の筋肉も大きく動くので「肩こりなので気持ちいい」と言われる事がすごく多いです。

そしてそういう方には、「フィットネスクラブでトレーニングをすると、真っ先に効果が出るのが肩こりの改善と血圧なんです」と、僕はよくお客様にいう事が多いです。

しかし・これがですね・・・本当にこのセリフ言う事が多くて、如何に日本人に肩こりが多いのかがうかがい知れることでもあります。

皆さんも子供の頃、お父さんやお母さんの肩をトントンと叩いてほぐしてあげた経験のある方も多いと思います。

肩たたき券とか作りませんでしか?(^^)

それだけ、日本は「肩こり大国」とも言える国なのです。

いやいや、 日本だけでなく、どこの国もそうなんじゃないの?なんて思われる方もいるかもしれませんが、実は諸外国ではそれほど肩こりになる方というのは多くはないそうなんです。

「なぜ、日本人には肩こりが多いのか?」

正確にはアジア圏の国では肩こりが多く、西欧諸国では少ない傾向にあるようです。

ちょっとイメージしてみると、確かに外国の映画で、子供がパパやママの肩を叩いているシーンてあまり見た事がないように思います。

肩こりという英語がないのか?と言われると「スティッフ・ネック」という言葉が最も近いそうなんですが、これでも直訳すると「固い首」です。

微妙に肩こりとは違うニュアンスである事がなんとなく伝わると思います。

では、なぜ外国では肩こりが少ないのか?です。

これは「骨格」が違うからだと言われています。

日本人・・特に女性の方は西欧諸国の女性と比べると筋肉が少ないです。

これがどう影響するか?なのですが、まず、肩にかかる力をちょっと考察して見ましょう。

まず、肩の下に「腕」があります。

ご存知の通り、腕は肩からぶら下がっていて、肩を「下に引っ張って」います。

腕の筋肉は片方3lgから4kgほどありますので、もう立っている時間は全てその重さが肩の筋肉を下に引っ張っていると思ってください。

次に肩、首の上には、重量物である「頭」が存在します。

この重さがやっぱり4〜5kgあるのです。

これも比較的横から見た重心線よりは前にあり、首も前に傾いて頭を支えます。

つまり、肩の筋肉というのは、「腕」によって下に引っ張られつつ、「首」の重さも支えていることになります。

この二つの重量に引っ張られる筋肉が「僧帽筋」とその深部にある「肩甲挙筋」という筋肉です。

ここで大切なことは「筋肉とはその面積が大きければ大きいほど疲れにくい」という特徴があります。

日本人の比較的筋肉量が少ない、さらになで肩女子や、草食系男子などは特に肩こりを起こしやすい骨格であると言えるのです。

普段筋トレに励んでいる筋骨隆々の男性からは「いやあ、肩こりがひどくって」ってセリフあまり聞かないですよね(^^)

もし、肩こりがひどくて悩んでいるという方は、ぜひ方周りの筋トレをしてしっかりとした骨格筋を作ることにより、かなり肩こりを改善させられると思っていただいていいと思います。

肩を叩いてもらったり、ストレッチすることも大切ですが、ぜひ「筋トレ」に励んでいただいて、肩こりを根本から直して見てはいかがでしょうか?

肩こりを予防するには?

肩が凝ってしょうがない・・・・そんな方も多くいらっしゃると思います。

肩こりというのは、基本的に、肩の周辺の筋肉が固まった状態となり、周囲の血管が圧迫され、血行が不純に陥るためにおこる症状です。

筋肉が固まる原因は様々ですが、代表的な原因としては、

  • 同じ姿勢をとり続ける
  • 筋肉に力が入り続ける

事が代表的な原因としてあげられます。

しかし、ちよっと考えてみてください。

この二つの原因って・・・・ちょっと気をつければなんとかなる事だと思いませんか?

同じ姿勢をとり続ける・・・・って・・・・

そう、同じ姿勢をとり続けなければいいわけです。

筋肉に力が入り続けるって・・・

じゃあ、筋肉に力が入らないようにすればいいわけです。

そしてこれらは普段の生活においてもちょっとした工夫でなんとかなるケースが多いのです。

「通勤・通学時にできる肩こりケア」

ここでは特に、「通勤・通学」と言った日常的なシーンに置き換えて、ちょっとした工夫点をご紹介したいと思います。

荷物

まず「荷物」についてです。

カバンやバッグなどを手に通勤・通学をする方がほとんどだと思います。

肩こりの方の荷物の持ち方の基本は「身体の重心近く」に荷物を持つ事です。

例えば、片手でだらりと腕を垂らしながらカバンを持ったとしましょう。

この持ち方は、一番身体の重心から離れたところに荷物を持つ持ち方です。

この持ち方をするくらいなら、まだ肩にカバンをかけていただいて方がマシです。

片手でカバンを持つことにより、片方にずっと筋肉の緊張が起こり続けるので、持っている方の方の血流はどんどん悪くなっていく事が予想されます。

また、肩に担ぐのにも工夫点があります。

身体の横に荷物を持ってくるのではなく、できればくるりと背中側にカバンを持ってきて、身体の重心線近くにカバンがかるようにすると、さらに良いです。

こうすることにより、カバンの荷重による左右のバランスの悪さが解消されます。

理想的なのは、両肩に分散しつつ、重心線上に荷物を持てるリュックやディパックのように紐を両肩にかけられるものを使用することが、さらにおすすめです。

ただし、背中に荷物があると、電車では盗難の危険もあるので、貴重品はリュックの奥にしまっておいたり衣類のポケットに入れておくなどした方が良いでしょう。

次に腕ですが、定期的につり革は、左右の手で持ち替える事がおすすめです。

こうすることにより、「同じ姿勢をとり続ける」ことを簡単に防ぐ事ができます。

また、この時につり革の取っ手の部分ではなく、ベルトや、つり革をつっているポールなど、少し高いところを持つようにしてもらうと良いです。

実は、日常生活で、肩より高い位置に腕を持ってくる機会というのは、皆さんが考えるより驚くほど少ないです。

こういう通勤時に、せっかくなので、少し高い位置に腕を持ってきて、軽く肩周りのストレッチをしてもらう事がおすすめです。

また、ラッシュ時などでは、なかなか身体を動かすこともままならないこともあると思います。

そういう時は、少し肩をその場ですくめてもらうだけでもOKです。

両肩をあげたり下げたりするだけで、筋肉に力が入り続けたり、同じ姿勢をとり続けることを防ぐ事ができます。

このように小さな習慣を続ける事が、肩こりを軽減していくにはとても大切な事です。

ぜひ、できるだけこまめに工夫しながら肩こりに対処していきましょう。

色々書きましたがよろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

色々書きましたが、よろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-肩こり・腰痛・痛み
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)