スポーツの為の筋トレ

スポーツ別の足の筋肉の付き方の違いをプロが解説!

胸の筋肉

「見せる筋肉とスポーツで使う動ける筋肉は違う」について

ここでまた別の質疑応答を詳しく説明したいと思います。

質問
(筋肥大の為の筋トレの)回数や筋トレを行う時間間隔は魅せる筋肉を作るためのものであり、格闘技で使う筋肉を作るものとは別でしょうか。

キックボクシングをやっており筋力アップを目指しています。

野上鉄夫
格闘技で使う筋肉も全く同じです(^^)

というかある程度の所迄は作り方は同じなので(^^)

注( )は、僕が補足しました

という内容でした。

これよくこう思っている方少なくないと思います。

「見せる筋肉とスポーツで使う動ける筋肉は違う」と・・・・・

まず見せる筋肉と言うのは皆さんおそらくボディビルダーの筋肉をイメージしていると思います。

そして「あんなにムキムキな筋肉はスポーツには役立たない」という方結構多いですよね。

また、こういう人もいます。

見せる筋肉を作っても実際の力なんてたいした事ない・・・とか(^^;

こういう事を言う人のほとんどが「なんの根拠もなく」そういう事を言っています。

見せる筋肉と動く(動ける筋肉)はどう違うのか?という事を良く知らない方に限ってこういう事いいますよね(^^;

質疑応答でもお話ししたように筋肉の作り方に関しては「途中迄」は同じなんです。

動ける筋肉の作り方

「途中迄って何処迄?」と思う方が多いと思います。

これは「筋肥大系のトレーニングをガッツリ行なう所」までは同じなんです!

つまり動ける筋肉を作る際にも筋肥大を目的とした・・・

つまりボディビルダーが行なっているトレーニングと同じ事をするのです!!!

そう!!がっつり筋肥大していただきます!(^^)

では何処から違いが生まれるのか?と言うと

  • プライオメトリックトレーニング
  • 爆発的エクササイズ
  • SAQトレーニング

というトレーニングを導入する段階で変わります。(他にもまだ色々ありますが(^^; )

ボディビルダーというのはこういうトレーニングは行いません。

なぜならこれらのトレーニングは直接筋肥大とは関係がないからです。

せいぜいやっても「爆発的エクササイズ」くらいまででしょう。

プライオメトリックトレーニングとはジャンプ系のトレーニングの事です。

爆発的エクササイズというのは、ジャーク、スナッチ、クリーンのようなウェイトリフティングのようにバーベルを「一気に」上に持ち上げるトレーニングです。

SAQトレーニングとはスピード・アジリティ・クイックネスの頭文字をとったものなのですがラダートレーニングや各種スピード系トレーニングの総称を指します。

ようするに、「見せる筋肉」と「動ける筋肉」の違いは、

  • 単純にこれらのトレーニングをしているのか?していないのか?の差「だけ」

なのです。

まあ見せる筋肉の場合は、動ける筋肉とは別に「減量」だったり「カット」を出す為のテクニックだったり全体のバランスだったりといった要素は入ってきますが(^^;

また「見せる筋肉」と「動ける筋肉」なんて事を言う方は、よくバーベルで作った筋肉は見せる筋肉だからそんなトレーニングしたらスピードが落ちるなんてレベルの話しをまことしやかに話していると思います。

これはもちろん間違いです。きっぱり言い切れます!!!!

むしろプライオメトリックトレーニングに関してはバーベル等を使った基本種目(ベンチプレス・スクワット)で、ある程度の筋力がないとプライオメトリックトレーニング自体をやってはいけないというガイドラインがあるくらいです。

「力」がないと、プライオメトリックトレーニングや爆発的エクササイズでは動作が瞬間的で筋肉に通常のウエイトトレーニング以上の負荷がかかるので怪我のリスクが高まってしまう為にこういうルールがあります。

さらにもし「見せる筋肉」と「動ける筋肉」の違いがあるとすれば、動ける筋肉を作るにはこれら筋肥大系のトレーニング以外のトレーニングに多くの時間をさかなければならないけません。

その為「見せる筋肉」程「筋肥大系トレーニングを追い込めない」といった違いがある程度だと思っていただいて良いと思います。

もちろん各種スポーツ別の技術練習にも時間をさかなければなりません!!

なので「見せる筋肉」ほど大きくなるように筋トレを追い込めないので自然と筋量には違いが出ます。

いうならば「それだけの話し」です。

もう1点は「長距離系」の競技に関しては、このベースの筋肉の作り方の必要性は確かに少なくなります。

長距離系の種目の場合は、必要となる筋肉自体が筋肥大系の筋肉とは異なります。

決していらないというわけではないですが、ベースの筋量、筋力部分の必要量は短距離系や球技系よりははっきり少ないと言えるでしょう。

ただし、それでも「ある程度」はやった方がいいのも事実です。

まとめると「動ける筋肉」を作る場合にもバーベルでなどで筋肉を大きくする作業は絶対に必要です。

その過程をもし省いてトレーニングした場合、ベースの筋力・筋量が劣るためパフォーマンス全体の「伸びしろ」が小さくなってしまうのです。

いつも書きますがトレーニングは「バランスよく」「メリハリをつけて」「合理的に」行ないましょう(^^)

よろしければご参考にしてください!!(^^)

ではでは!

関連記事 ところでキャリーオーバートレーニングって知ってる?「使えない筋」にならない為に

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スポーツの為の筋トレ
-, ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)