筋力トレーニング

ダンベルフライ、JATIの注意点をまとめてみた

ダンベルフライ(Dumbbell Fly)のトレーニング

みなさんこんばんは!

今回は「ダンベルフライ、JATIの注意点をまとめてみた」というテーマでお届けしようと思います。

以前NSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)のダンベルフライの注意点を色々とご紹介したことがありました。

ダンベルフライ の正しいやり方 NSCA版

今日は日本トレーニング指導者協会(JATI)の機関紙で述べられているダンベルフライの注意点を色々とご紹介したいと思います。

JATI(Japan Association of Training Instructor)とは「日本トレーニング指導者協会」のことで、国内のトレーナーのための組織です(JATI公式サイト)。

ダイベルフライ

開始姿勢

  • 両手にダンベルを持ち、ベンチに座り、大腿部にダンベルを立てた姿勢をとる
  • 後方にゆっくりと倒れるようにしてベンチに仰向けになり、両足を床につけ、後頭部、上背部、臀部をシートにつける
  • 肘を伸ばしてダンベルを肩の上に制止させる。この時、左右のダンベルのバーはお互い平行にし、腕全体は床に対して鉛直になるようにする

動作

  • 肘をわずかに曲げたまま、ダンベルを左右に開きながら肩の側方に下ろす
  • ダンベルの軌道は肩を中心として円を描くように意識する
  • ダンベルを下ろした局面では、上から見て手首、肘、肩を結ぶ線が脊柱に対して垂直になるようにする
  • ダンベルを下ろす動作同じ軌道を円を描くようにして開始姿勢に戻す

呼吸法

低〜中負荷では息を吸いながらダンベルを下ろし、ダンベルをあげる局面で息を吐きます

高負荷では息を吸いながらダンベルを下ろし、ダンベルを下ろしたポジションで息を止め、スティッキングポイントを過ぎたところで息を吐く

です。

注意ポイント

  • 肩が外旋して肘が胴体に近づく

という点が挙げられます。

これは肘が足側に下がってしまう状態を指します。

修正方法としては鏡の前で動作をして、肘の位置を確認する手法があります

これはダンベルフライの動作中は自分で肘の位置を確認することができないので、実施者が認識している肘の位置と実際の肘の位置にズレが生じやすいため実施者自身に見てもらって確認をさせる方法です。

(視覚的フイードバック)

次の注意ポイントは、

  • スタート時に肩が上がってしまう

というポイントです。

このままダンベルを下ろしていくとベンチのエッジの部分がストッパーの役割をしてしまい、可動域が制限されてしまう上に肩に過剰な負担がかかるケースもあります。

修正方法としては、

  • 指導者が肩甲骨を内転するように誘導する
  • 指導者が上腕骨頭を手で触れて回転軸を意識させる

という手法があります。

最後の注意ポイントは

  • 動作中ダンベルの軌道が不安定になる

というポイントです。

左右の肘や肩甲骨の位置が左右対称になっていなかったり、ベンチの縦の中心と体の中心がずれていると軌道が不安定になりやすいです。

また、ダンベルフライは初心者に指導していると結構あるあるなのは、上腕から肘を補助した際ダンベルが内側に入ってしまうというケースが見られます。

これやると身体にダンベルを落としてしまうケースがありますので注意が必要です。

注意ポイントが色々と紹介されていますが、ぜひご自身のトレーニングにお役立てください(^^)

よろしけば御参考に(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-筋力トレーニング
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)