姿勢・身体の歪み

歪みの科学「仙腸関節」について

女性ヒップ、ウエスト、腰

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナの野上です。

今日は、骨盤と仙腸関節についてお話ししたいと思います。

「骨盤のゆがみ」

まず最初に行っておかなければならないのは「骨盤自体は「それほど」歪まない」ということです。
考えてみればわかると思いますが、骨盤とはもうそれ自体「ほとんど」一つの塊として成り立っているので、それは「歪む」というよりは「かたむく」という表現の方がじつは正しい事がほとんどです。
今日は、上記の「」のなかで表現している「それほど」とか「ほとんど」とかで少し曖昧に書いている部分に言及したいと思います。
まず骨盤には「仙腸関節」というものがあるんです。
骨盤に関節?と思われる方も多いと思いますが、骨盤と言うのは寛骨と仙骨という骨でなりたっています。
仙骨というのは骨盤の中央にあり、その左右に寛骨があるんです。
この骨と骨の塊の間に隙間のようなものがあり、ここが微妙に・・・1~2mmくらい動くんです。
えっ? 1~2mmなんてたいした事ないんじゃない?と思われる方も多いと思います。
なので、僕も「ほとんど」とか「それほど」と言う表現をつかうんです。
関節はほとんど、その関節の前後に筋肉か付着して、その関節を動かせるようになっています。
腕も脚も肩も、その関節の周りの筋肉が収縮する事によって動いています。
ところが仙腸関節自体を動かす筋肉と言うのは存在せず、ここが歪んだりすると理学療法士さんの助け等を借りて調整する必要が出てくるんです。
身体はこの「仙腸関節」と「股関節」の3つが連動して、身体を前に倒したり(お辞儀をする動作)や上体を後ろに反らす動きをします。
実際、この仙骨が前にかたむく動きをニューテーション(うなずき)、身体を反らす時に仙骨が後ろにかたむくのをカウンターニューテーション(起き上がり)といわれています。
したがって、骨盤自体が歪むと言う事はここが微妙にはまってなく、ずれているような状態だと思って頂いて間違いありません。
これは、賛否両論あるお話ですが、ぎっくり腰の原因は仙腸関節の動きが渋くなっていたりずれていたりする事が、その原因の一つではないかといわれていたりもします。

「仙腸関節」について

まず、この図をご覧くだい!

ちよっとわかりづらい(相当わかりづらい)と思いますが、この図のうっすらピンクの線で描かれているところが「仙腸関節」です。

脊柱・・・ いわゆる背骨がまっすぐおりてきて、その末尾にある仙骨と言われる部分と、骨盤をつないでいる部分です(^^)

「仙腸関節」は背骨の先端にある「仙骨」という骨と、骨盤の両脇にまるでトリケラトプスのエラみたいに広がっている「寛骨」をつないでいる関節です。

(トリケラトプスがわからない方は検索してください(^^; )

こんなとこ動くのか? 関節なんでしょ?と思われるかもしれませんが、実はその通り、動くには動きますが、ほとんど動きません(^^;

可動域に関してはわずかに2〜2.5度と言われています。

そして背骨の真下にあるということは、つまり上半身のほとんどの荷重が、ここにかかってしまっています。

なので、ここが大きく動いてしまうと、身体の安定性に欠けてしまうんですね(^^;

じゃあがっちり固定して動かなくすればいいのに・・・・というと、さにあらず・・・・

多少は動いて、衝撃を吸収するクッションの役割をはたしている方が、がっちりと固定されているよりは、何かと便利なのです。

んー、人間の体ってよくできてんなあ・・・・(^^)

しかし、実は加齢によって、この仙腸関節の周りの靭帯が硬くなり、この仙腸関節自体の動きは小さくなっていきます。

こんな少ししか動かない部分が、ちょっとくらい動きが小さくなったってどうってことないんじゃない?なんて気もしますが(^^;

元の可動域が狭い分、少しでもその可動域が制限されると、その方が大きく影響が出てしまうんです。

その代表格が・・・・悪魔の一撃・・・・

ぎっくり腰です!

ぎっくり腰の多くは、仙腸関節に対しての急激な荷重とひねりで、仙腸関節が固まって起こります。

通常、上体を前へ傾ける時に、お尻を引く動作をすると思います。

この時に仙腸関節が微妙に動いているんです。

そして、上体を元に戻す時も、微妙な動きで仙腸関節は、身体の動作を調整しています。

しかし、不自然な動きでこの仙腸関節のリズムが崩れてしまうと、いきなり仙腸関節がロックしてしまうのです。

同時に周囲の靭帯が急激に引っ張られ損傷し、捻挫が起こります。

これがぎっくり腰の大きな原因の一つとなります。

僕も経験がありますが・・・・全く動けなくなりますね(^^;

仙腸関節が「どう動いているのか?」について

通常、関節には二つの役割があります。

一つは可動性・・・動かなければ勝負にならないですよね(^^;

もう一つは安定性・・・動いてばかりでなく、しっかり「固定」をさせなければならない働きもあります。

もう「全く真逆の働き」を求められる「関節」ですが、仙腸関節はその位置的に「固定」させる方を優先させた構造になっています。

なので、2度〜2.5度しか動かないのですが・・・

その「2度〜2.5度しか動かない」のが、「どう動いているのか?」です!

まず、二つの骨をもう一度確認ですが、

  • 真ん中の骨が「仙骨」
  • 両脇にあるのが「寛骨」

です。

通常、仙腸関節は

  • うなずき運動

  • 起き上がり運動

の二つがあります。

わかりやすく説明するために、真ん中の仙骨を中心に話をします。

真ん中の仙骨が、まるでうなずくように前傾することを「うなずき運動」と言います。

上のイラストの仙骨のピンク矢印の部分の動きです。

尻尾の形をした骨の前が下に沈み、後ろ側は上がっていますね(^^)

この時に寛骨がどう動くかというと、「反対」に動くんです。

つまり寛骨は後ろに倒れる動きをします。

イラストでいう、外側にある寛骨の矢印のピンクの動きがそれです。

2度〜2.5度の間に両者の骨にはこのような動きをするんです。

「起き上がり運動とは」この逆で

仙骨の前が上がると、寛骨の前側は下がる・・・と思っていただいてOKです。

両者の骨が縦に滑って動いているんですね(^^)

実際の体の動きとどうリンクしているのか

例えば、上体を前に倒していく時って、お尻を引く動きをしますよね?

この時に寛骨は後側が沈みます(お尻が下がる)

しかし、中にある仙骨はその逆に、仙骨の前が沈んで(仙骨の後ろは上がる)寛骨とは逆の動きをします。

上体を起こす時はその逆です。

上体を起こしていく時は、引いたお尻を前に出していきますよね(^^)

この時、骨盤の大部分を占めている「寛骨の後ろは上がっていく」のです。

(下がったお尻が上がっていく)

しかし、真ん中にある仙骨は、逆の動き・・・つまり「仙骨の後ろは下がっていく」んです。

わかります?(^^;

何回か読んでいただければわかっていただけると思います(^^)

「仙腸関節のロック」

この動きのリズムが崩れてしまい、特に仙骨の方が後屈したままロックしてしまう・・・

これが「仙腸関節のロック」です。

仙腸関節は左右にあるので、片方だけがロックしてしまうとかもあるんです。

または、右側は前屈しているのに、左側は後屈しているとか・・・

これは「骨盤のねじれ」と呼んでいいでしょう。

また、両側に広がっている寛骨の「広がり具合」と、この仙腸関節の動きにも関係はあります。

寛骨が開き気味のことを「アウトフレア」と言いますが、こうなると、真ん中の仙骨は前方に移動しやすくなります。

逆に寛骨が閉じる「インフレア」になると、仙骨と寛骨の間の「関節面」が開いてきます。

どちらにしても、仙腸関節の動きに不具合を生じさせやすく、ぎっくり腰の予備軍とも言えます(^^;

そこで「では、私大丈夫かしら?」と思うのが人情だと思います(^^)

仙腸関節のチェック法

かなりざっくりとしたチェックですが、股関節の可動範囲が正常かどうかである程度の予測ができます。

下の写真をご覧ください。

うつ伏せら寝て足を伸ばしたままあげた場合、20度の角度で上がるのが、股関節の後ろ側の適正な動きになります。

股関節の前に関しては、仰向けに寝て腿上げのように足をあげ、太ももが125度まで上がるのが適正な股関節の前側の動きになります。

俺、股関節や仙腸関節の動き大丈夫かな?と思う方はちょっとチェックしてみてはいかがでしょうか?

よろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-姿勢・身体の歪み
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)