筋力トレーニング

「胸の種目の進め方」中級者編

2019年9月22日

胸の筋肉を鍛えるトレーニング・メニュー

みなさんこんばんは!

毎週土曜日は筋トレをテーマにお届けいたしております。

今日は、「胸の種目の進め方」中級者編というテーマでお届けしたいと思います。

胸の筋肉を大きくしたい!! 厚い胸板を作るために筋トレしているんだ!!

という方も多いと思います。

前回は、運動初心者の方に対して 腕立て伏せ→マシンチェストプレス→バーベルベンチプレス→バーベルベンチプレス+インクライベンチプレス の順番で種目を漸進させていくことがお勧めだというお話をしました。

筋トレの種目には大きく

  • 多関節運動
  • 単関節運動

の2種類があります。

胸の種目で言えば、複数の関節を使って「押す」系の種目を多関節運動となります。

肩の関節しか動かさず、腕を開いたり閉じたりする系の種目が単関節になります。

先のお勧めは、単関節運動をその強度別に並べて進めていくパターンをご紹介しています。

なぜなら、多関節運動は複数の関節を使うために使用重量を大きくしていきやすい運動でもあります。

この「使用重量」を伸ばしていき、物理的に筋肉にかかる刺激を強くすることが胸の筋肉を鍛えていくときの最短ルートでもあるのです。

そして今日はいよいよ「単関節運動」の導入です。

腕を開いたり閉じたりする運動は

  • ダンベル
  • フライ系のマシン
  • ケーブル系マシン

での、フライ系の種目が考えられます。

「ダンベルでのプレス系の種目は?」と思われる方もいると思います。

しかしすでにバーベルベンチブレス+バーベルインクラインベンチプレス をやっていて、それにプラスする前提の話なので、ここではもうプレス系の種目をさらにプラスするよりはフライ系の種目を導入して、プレス系の種目とは違う刺激を胸に与えてあげるべきです。

ここでフリーウェイと大好き人間の方々は「ダンベルフライで決まりっしょ!!」と思われるかもしれませんが、僕がお勧めなのは「フライ系のマシン」を使ったフライ系の種目です。

ケーブルを使ったフライやダンベルを使ったフライ系の種目の弱点は、「腕が上がりきった時に胸に負荷がかからない」という点があります。

ケーブル系の種目はケーブルの取り付け位置によってはまだマシなものもありますが、それでも腕を胸の前にあげきったフィニッシュポジションでは大抵の場合負荷は弱まります。

またケーブル系のマシンは「立ってやらなければならない」ので、足で踏ん張らなければならない分、高重量にしづらいのが欠点です。

ダンベルに関しては、フィニッシュポジションでは腕にダンベルが乗っているだけなのでこれはいうに及ばずですね(^^;

この点、マシンのフライ系の種目は「カム」を使っているので、スタートポジションからフィニッシュポジションまで、ずっと一定に負荷が掛かり続けます。

プレス系の種目では主に腕を開いたポジションから、ある程度上腕が前に行くところまでしか鍛えることができません。

しかしフライ系のマシンではそこからさらに上腕が「内側」に向けて動く時に負荷をかけてあげることができるので、プレス系の種目との相性はもっとも良いのです。

ただ、この特性を知っている方の中にはフライ系の種目をフィニッシュポジション付近だけの可動範囲でやりたがる方がいますが、できれはフライ系の種目も可動域目一杯で行うフルレンジで動作してもらいたいと思います。

次に足すとしたら、「インクラインダンベルフライ」でしょう。

マシンでインクラインの種目があるのであればその方がお勧めですが、ほとんどの場合そこので施設が整っていないでしょう。

僕もほとんどインクライン系フライの「マシン」が置いてあるジムは見たことがありません。

そのため胸の上の部分にフライ系を行う場合はインクラインダンベルフライが基本になると思います。

ただ、バーベルベンチプレス+インクラインバーベルベンチプレス+マシンのフライ+インクラインダンベルフライを全部こなすとなると・・・

一流のビルダークラスでなければ流石に多すぎますよね(^^;

なのでフライ系のマシンとインクラインダンベルフライは、一回のトレーニングごとに入れ替えてもいいかもしれません。

次回もちょっとこの「胸のトレーニングの進め方」というテーマでお届けしたいと思います

よろしければおたのしみにしてください(^^)

ではでは!!!

 

-筋力トレーニング
-

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.