筋力トレーニング

左右の胸の筋肉の大きさが違うのですが・・・を治すには

胸の筋肉

皆さんこんにちは!!

パーソナルトレーナーの野上です!

今日は左右の筋力の差と言うテーマで色々とご紹介していきたいと思います。

まずは具体的な質疑応答を紹介!

質問
胸筋鍛えてるんですけど、右より左のほうが力が少し強くて、胸筋も左のほうが少し大きいし、筋肉痛するときも、左のほうが右より痛くなります。どうすれば、左右同じくらいにできますか?
野上鉄夫
完全に「慣れ」の問題です(^^)

そのまま継続していれば自然と左右同じようになりますよ。)

というものでした(^^)

まあ、そっけない答えといえばそれまでですが、割と深く考えて答えています(^^)

この質問、実はジム内でも、年に数回いただきますが大抵の場合、このように答えています。

まず何故「そのままでいいのか?」ということですが、これは「筋肉の量あたりの負荷のかかり方」に着目してみればわかります。

なぜ、左右同時に負荷をかけると左右差が修正されるのか?

バーベルのベンチプレスで100Kgを持ち上げているとします。

片腕左右それぞれ50kgの重量を支えられるパワーや筋肉の量があれば全く問題ないのですが・・・・・

大抵の方は左右の腕や胸の筋肉の量には多かれ少なかれ差はあるものです。

つまり、例えばこの方の場合「左」が強いということなので、左腕は55kgを支えられるパワーや筋肉の量があったとします。

片や右腕は、45kgの重さを支えるパワーや筋肉の量があったとしましょう。
(あくまでわかりやすくする例えです(^^; )

合わせて100kgを挙上しているにしても、バーベルは右に傾いていたりすることが考えられますよね?

フリーウェイトトレーニングを指導すると、初心者の方はこういう方かなり多いです。

しかしある程度の期間が経ってくると大抵の方はバーが傾いたりすることはほとんどなくなっていきます。

なぜかというと「オーバーロードの原則」(過負荷の原則)が働いているからです。

これは「筋肉は負荷をかけると強くなる」といういわば当たり前の原則なのですが・・・・

例えば、この場合、左腕(胸)は、55kg支えられる筋肉の量に対して、100kgの負荷の半分・・・つまり50kgの負荷を与えているとします。

右腕は45kgしか支えられないのにやはり50kgの負荷がかかっていることになります。
(厳密にはもちろん違いますがあくまでわかり易さ優先で(^^) )

どちらの腕(胸)の方が強い負荷がかかっているでしょうか?

・・・右ですよね?

右腕(胸)の方がきついですよね?

つまり右腕(胸)の方が「筋肉の量に対しての負荷の強さ」は、相対的にかなり強い負荷がかかっているといえます。

そうするとどうなるのかというと「右腕の方により強いオーバーロード(過負荷)がかかっているので「より速く強くなる(筋肉の量が増える)」ということになります。

するとやがて左右差が無くなり、左右の差は徐々に縮まっていくという寸法になるわけです。

じゃあ、右だけトレーニングすれば? なんて声が聞こえてきそうですが、それは運動の原則である全面性の原則から外れてしまい、あまりお勧めできません。

だって、バランス悪そうなトレーニングじゃないですか(^^;片方だけなんて・・・

実際長年フリーウェイトトレーニングしている方や、ボデイピルダーの方で極端に左右の胸の筋肉に差が出ている人なんていません。

そしてそれらの方は特に左右の差を均等にするために何か特別なこと・・・・

例えば左右の重さを別々にしてトレーニングするということはまずありません!

最初は多少バランスが悪くても自然と左右均一になっていくことを、長年のトレーニング経験ですでに身体が知っているからなんですね(^^)

なので、この場合「そのままトレーニングしていけばやがて左右同じになる」という答えをさせていただいたわけです。

筋肉の左右差を気にする方わりといらっしゃいますが、そういう方ほどトレーニング歴が浅かったりするものです。

そのままトレーニングを続けていけばやがて左右同じくらいになります!ご安心ください(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-筋力トレーニング
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)