体幹トレーニング

ブルブルマシン(振動マシン)の効果について

2017年1月26日

ブルブルマシン(ウェーブマシン)の効果

みなさんこんばんは!

今日はみなさんとのやりとりについて詳しくご紹介している日となっております(^^)

今日はSNS上のやり取りのご質問ではなくリアルなジムでの質問に対してお話ししたいと思います。

どんな質問かというと・・・

「このマシンどんな効果があるの?」です。

このマシンとは・・・・これです(^^)

はい・・・通称「ブルブルマシン」です。振動マシンとも呼ばれますね。

これですね・・・本当に頭の頭蓋骨の先端までかなりの勢いで「ブルブル」します(^^;

よくお客様には「耳垢全て耳の中で落ちますので、マシン降りたら頭傾けてトントンとした方がいいですよ」というと、100%間違いなく受けてもらえるくらい振動激しいです。

(お客様にはシャレに聞こえていない)

この正式名称「ZenPro」というマシンも、僕は見るのは今回初めてでした。

都内のクラブでも何店かブルブルマシンを見たことがあるのですが、このようなタイプのマシンは初めてです。

というのも大抵のブルブルマシンってスタートボタン押すとずっとブルブルし続け、自分で色々と姿勢を工夫していくものが多いのですが、これは完全にメニューが決まっています。

各コースを選択してスタート押すだけで、そのコースにあった姿勢別での秒数の振動と、姿勢変換のための休憩時間の繰り返しが始まります。

逆に言えばマニュアル操作かできないのですが、実際にお客様に指導していて全く不満点は出ていないので、このマシンに関してはマニュアル操作は不要に感じます。

で、ですね・・・そう・・・

「このマシンどんな効果があるの?」です。

ブルブルマシン(振動マシン)の効果って?

だだブルブルしているボードの上で色々な姿勢をとるだけなのに・・・

これですね・・・やって見るとわかるのですが・・・

ただじっとした姿勢でいるだけなのに、一つのコース9分ほどなのですが、終わると割と汗かいて終了します。

なぜか?

これはですね、「深層筋(インナーマッスル)」に働きかけるんですよね(^^)

専門用語で「不安定なサーフェイス」上のトレーニングというものなんです。

つまり「不安定な足場」でのトレーニングという意味です。

みなさんには「バランスボール」を思い出していただくとわかりやすいと思います。

フラフラした足場の上でトレーニングすると、「動作を固定させるために必要な筋肉」の動員が非常に増えるのです。

頑強でビクともしないベンチブレス台の上でベンチブレスするのと、バランスボールに仰向けになってベンチブレスするのでは使用重量も力のいれどころも何もかも違ってしまいますよね(^^;

(危ないのでバランスボールの上でベンチブレスなんてしちゃダメですが・・)

この「動作を固定させる筋肉」は身体の深層部の小さな筋肉が色々と活躍していることが多いので「身体の深層部を刺激する」という表現を僕は使っています。

帆船の「船のマスト」を想像して見ていただくとわかると思いますが、マストは一本の柱を四方八方からロープを引っ張りあいながら支えていますよね。

あれと同じ感じで、骨に色々な方向から筋肉が付着していて引っ張り合いながら動作を固定しているんです。

なので、「ブルブル」すると、船が激しく揺れているのと同じなので、引っ張りあっているロープ(筋肉)にかかるテンション(張力)は強くなるのです。

さらにブルブルマシンを効果的に使う方法

割と侮れない「ブルブルマシン」の効果ですが、これさらに「奥義」があります。

お客様には安全上まだ指導していないのですが・・

じっとしている・・つまり静的なトレーニングから、少し発展させて「動的」なトレーニングをこの上でさせるとそれだけでかなり効果が上がります。

この上でゆっくりスクワットするとかですね(^^)

こうするとより一層深層筋への刺激が深まります。

ぜひ、もしみなさんの言っているジムにこのマシンがあったら一度チャレンジして見てください(^^)

ちなみにブルブルするからその振動で脂肪が落ちやすくなる・・なんてことはないですので誤解しないようにしてくださいね・・結構これもありがちな誤解なので(^^;

ではでは!

-体幹トレーニング
-

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.