ダイエット

有酸素運動をする上での脂肪を燃やすちょっとした工夫 クロストレーニングの勧め

トレッドミル(ランニングマシーン)によるトレーニング

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は、「有酸素運動をする上での脂肪を燃やすちょっとした工夫」と言うテーマでお届けしたいと思います。

ダイエットのためにウォーキングやジョギングに勤しんでいる方もたくさんいらっしゃると思います。

毎朝早く起きてウォーキングをしたり、お昼休みや仕事の後に皇居の周り走っていると言う都会派の方もいらっしゃるでしょう(^^)

ジョギングやウォーキングのような有酸素運動は、確かに消費カロリーを稼ぐには大変有効なエクササイズです!

しかし、どうせならもっと欲張りに、効率的に有酸素運動を行うやり方を少し頭の片隅に置いてみてはいかがでしょうか?(^^)

今日提唱したいのは「クロストレーニング」です。

簡単に言うと「いろいろな有酸素運動をミックスして行う」と言う方法です。

有酸素運動をする人のとある特性

有酸素運動・・・例えばジョギングとかウォーキング・・・

はたまた、ロードバイクだったり水泳だったりを行なっている方にはとある特性があると感じています。

それは・・・・

いつも同じ運動をやりたがる!

・・・・という特性です(^^;

心当たりありませんか?

例えばロードバイクだったら、毎週必ず川の土手まで繰り出し長時間走っているとか、水泳であればクラブのマスターズコースに入って毎週決まった時間にスイミングに行き、何千メートルも泳ぎ続けるとか・・・・

トライアスロンをしている方を除くと、有酸素運動をしている方は単一の運動を習慣的にずっと繰り返してやりたがる習性があります。

ジムで見ていても、トレッドミルしかやらないとか、バイクしかやらないようなお客様もかなりいらっしゃいます。

僕はよくうちのクラブの水泳のマスターズクラスの方から「野上さん、毎週何千メートルも泳いでいるのに痩せないんだけど」というご相談をいただくことがあります。

そういう時に僕はよくこう答えます。

「〇〇さんにとって水泳は脂肪を燃やすには軽すぎる運動になっているのかもしれません。たまには走って見てはいかがでしょう? 何千メートルも泳ぐ体力があれば、体力的には楽勝だと思うのですが・・・」

すると、大抵の場合「ええ?走るのぉーーー?」と、めちゃくちゃ嫌な顔をされたりします(^^;

一般の方にはちょっと信じられないかもしれませんが、水泳のマスターズクラスという上級者クラスに何年も(下手すると何十年も)通っている方々にとって、水泳は歩くのにちょっと毛が生えた程度の強度にしか感じていない方が多くいらっしゃいます。

一般の方は3km走るのはできても、3km泳ぐなんて想像できない方がほとんどだと思います。

しかしこのような方々は、3km走るより3km泳ぐ方が全然楽勝だったりするんです(^^;

有酸素運動を好んでやる方にはこういう側面がありこれにはメリットとデメリットがあります。

メリットは運動がすでに習慣化されており、一定の運動量が常に確保されていて、これからもその運動量の確保を十分に期待できるという点です。

デメリットは常に同じ刺激を体に与えているので、身体がその運動に慣れきっていて、なかなか脂肪を燃やしきるところまでいかないようになってしまっている点が挙げられます。

クロストレーニングの勧め

そこで出てくるのが「クロストレーニング」です。

普段運動している方でも新しい運動を行うと、いきなり筋肉痛に襲われ、「おかしいな? いつも身体動かしているのに」という経験をされた方も多いと思います。

僕も普段ウェィトトレーニングをしていても、たまにサッカーやったりすると、ひどい筋肉痛に襲われ「普段の俺のトレーニングは一体なんなんだ?」と自問自答したことが何度もあります(^^;

このように身体は新しい刺激を与えると、それに反応して様々な能力が向上するようにできています。

ちなみに、走るのと、バイクでは筋肉の使われようは全く違うものなのです。

もし、この記事を読んでいらっしゃる方がジムに通われている方なら、バイクやトレッドミルの他にもいろいろな有酸素運動のマシンがジム内にあるでしょう。

特にエレブティカル(クロストレーナー)なら大手のジムなら大抵のジムには置いてあると思います。

普段単一の有酸素運動30分やっているという方は、ぜひ・バイク・トレッドミル・エレプティカルの3種類を10分ずつに分けて実施して見てはいかがでしょうか?

そして最後にプールに行って20分ほど泳げればさらにいろいろな筋肉が刺激されて、代謝が向上すると思います。

代謝が向上するというのは、運動中の消費カロリーのみならず、運動「後」も消費カロリーの高い状態はしばらく続きます。

この時に決まった筋肉をいつもと同じようにしか動かしていない場合と、いろいろな筋肉を動員させて運動をしている場合とでは、もちろんいろいろな筋肉を刺激して挙げていた方が代謝は高いのです。

普段やったことのないスタジオエクササイズにチャレンジするのも非常に刺激になると思います(^^)

しかし・・・ジムになんて行っていないんですけど・・・・

そんな方もいらっしゃると思います(^^;

次のページではそんな方にアドバイスです!

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)