疲れ・疲労回復

疲労の科学「SigAの低下のサインについて」

2019年2月1日

疲労の科学(現代人の疲れ)

みなさんこんばんは!

毎週木曜日の夜は「疲労」をテーマにお届けいたしております。

今日は「SigAの低下のサインについて」というテーマでお届けしたいと思います。

アスリート・・・屈強な身体を誇り、病気と無縁の印象を持たれる方も多いと思います。

しかし、実は、アスリートは普段激しくトレーニングしたり、身体を酷使している人ほど、実は病気にかかりやすかったりすると言うことを前回お話しいたしました。

特に上気道感染症という、気道の上部に関節症を煩わせるケースはとてもよく見られます。

ここでポイントになるのが「SigA」という物質です。

これは、正式名称は、分泌型免疫グロブリンAというのですが、これは、唾液、鼻水、汗、乳汁など、身体から分泌する液体などに存在します。

そして病原体の粘膜侵入の阻止や、毒素の中和作用を持つことから、粘膜免疫の主体とされています。

唾液のSigAを調べると、これが低下した場合に罹患リスクが高くなることがわかっています。

今日はこの「SigAの低下のサインについて」色々とご紹介したいと思います。

まず、このSigAの低下の数値を測るのは実際手間がかかります。

なので、SigAの低下のサインを自分で知ることでSigAの低下が起きているかどうかを推測することが大切です。

ではSigAの低下のサインのチェックの仕方ですが、

1 休養後の回復の程度を自問自答する(よく休めたかどうかを感覚で確認する)

2 寝つきや寝起きの良し悪し(睡眠効率)

3 口渇感(安静時の口腔内の乾き、唾液の粘つき)

となります。

1に関しては、休養をした後、十分に自分の身体が休めているかどうかを感覚でいいので確認します。

これを自問自答することで、いつもより悪い状態だと自覚できるようであれば、それはそのままSigAの低下のサインだと思っていただいていいと思います。

2に関しては、睡眠効率の計算式にまず当てはめます。

睡眠効率の計算式は、(睡眠時間÷寝床に入っていた時間)×100で表せます。

この割合は85〜90%以上が理想であるとも言われています。

この割合とSigAの低下は相関関係にあることがわかっています。

また、睡眠時間が確保されていたとしても、この睡眠効率が悪く、寝つきや寝起きが悪いとSigAの低下の可能性が高まります。

3に関しては、そもそもSigAとは、唾液などの粘膜免疫が主体なので、唾液量の現象はそのままSigAの低下に繋がりやすくなります。

また、唾液にはSigAの他にも多くの抗菌、抗ウィルスタンパクが存在するので、唾液量の低下は色々な意味で粘膜のバリア機能の低下を意味します。

実際に、合宿中に2%以上の体重が減少した選手を調べると明らかなSigAの低下と、口渇感が見られたそうです。

選手の口渇感を伴う体重減少が見られた時は脱水が疑われ、併せて免疫機能の低下の可能性が高くなりますので、十分な注意が必要です。

これらのチェックは機械などを使わず、日頃のチェックで十分にセルフチェックができるものばかりです。

アスリートであれば、休んでも疲労感が抜けず、水を飲んでも口が乾き続けるなどの症状が出たら、免疫機能が低下しているんだなと気付けるようになってもらいたいと思います。

次回は、この免疫機能低下に対する対策をご紹介したいと思います。

よろしければおたのしみに(^^)

ではでは!

-疲れ・疲労回復
-

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.