疲れ・疲労回復

疲労の科学「自律訓練法」について!

2019年6月21日

疲労の科学(現代人の疲れ)

みなさんこんばんは

毎週木曜日は疲労をテーマにお届けいたしております(^^)

今日は「自律訓練法」というテーマでお届けしたいと思います。

自律訓練法・・・って何? という感じだと思いますが、これは、前回までご紹介した、漸進的弛緩法や普段からの運動でボティワークに慣れている肩のための疲労リセット術の一つです。

前回の漸進的筋弛緩法は入眠のためのテクニックでしたが、今回の自律訓練法は、リラックスを目的としたテクニックとなります。

(もちろん入眠前にも使える)

自分の心に意識を向けるのが得意なタイプの方に向いています。

最近話題のマインドフルネスに似ていますが、この自律訓練法は、それよりずっと長い歴史があり、世界的な評価も高いです。

今日は、ソファに座ってできる自律訓練法について、ご紹介したいと思います。

基本姿勢

・楽な姿勢で腰掛けたら、両足を肩幅に開いて座ります

・手のひらを上に向けて座面におきます

・背筋を伸ばした姿勢となり、目を閉じます

・呼吸は鼻から息を吐き出すようにし、肩と背骨の力を自然にゆっくりと抜きます

第一公式 手足の重みを感じる

・利き腕、利き足から始めます

(感覚が鋭い方から始める)

(以下、右利きの方を基準に書いていきます)

この順番で心の中でつぶやくようにしましょう

・右腕が重たい・・・→・・・左腕が重たい

・左腕が重たい・・・→・・・右腕が重たい

・両腕が重たい・・・→・・・両腕が重たい

・気持ちが落ち着いている

・右足が重たい・・・→・・・左足が重たい

・左足が重たい・・・→・・・右足が重たい

・両足が重たい・・・→・・・両足が重たい

・気持ちが落ち着いている

・両腕・両足が重たい・・・→・・・両腕・両足が重たい

と行った感じです。

自律訓練法の注意点としては

・1セッションの所要時間は1分から2分 長くても3〜4分で終わらせる

・1日 2〜3セッション行う。4セッション以上は行わない

・自分自身がリラックスできる静かな環境でおこなう

・締め付けのない服装で時計を外し、スマホを遠くに置く

・事前にトイレは済ませて置く

 

というところです。

自律訓練法は、身体に注意をそらしながら無心になれるのが特徴です。

レース本番前に興奮して眠れないというようなアスリートに、自律訓練法を施すと眠れるというケースも非常に多いです。

次回もこの自律訓練法の他の公式を色々とご紹介する予定です。

よろしければおたのしみにしてください(^^)

ではでは

-疲れ・疲労回復
-

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.