ダイエット

サウナスーツについて

ダイエットで体重を減らすために必要なこと

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日はジムであったご質問をご紹介したいと思います。

Q

夕食後にバイクを40〜60分やってるのですが厚着して汗をかくことは無意味ですか?

jogする時もサウナスーツを着がちです。

薄着の方が脂肪が燃えると聞きましたが汗をかいて体重を落とした方が翌朝減ってるし、、、

どちらの方が良いのですか?

A

厚着することやサウナスーツは正直ほとんど無意味です(^^)

それより涼しいウェアでもっと質のいいトレーニングをした方が良いです(^^)

Q

やはりそうなんですね、、!

ありがとうございます!

というものでした(^^)

なんか、結構久しぶりなテーマなように思います。

そう「サウナスーツ」についてです。

未だに、サウナスーツを着てトレーニングをする方・・・たまにいらっしゃるように思います。

どうしても「減量」というと、サウナスーツを着て、激しいトレーニングをして、汗だくになれば早く痩せるというイメージを持たれている方もいると思います。

これ・・・まあ、ある意味でありといえばありかもしれないですが、大筋においては間違っています。

今日はちょっとこの辺を詳しくお話ししたいと思います。

ダイエットとは?

まず、ダイエットの基準を何に置くか?で、色々と変わってくる部分はあります。

僕たちフィットネスの世界にいる指導員からすれば、減量=脂肪を減らす、ということに着目をします。

これは「減量=体重を減らす」こととは根本から違います。

体重をただ減らせればいいのであれば、筋肉を減らし、骨も減らし、水を減らし、病的に体重が減っても、「あり」なわけです。

しかし、当然フィットネスインストラクターはそんな方法は指導しません。

そして、脂肪を減らす場合に、最も大事なことは「摂取カロリー」と「消費カロリー」にどれくらい差を作れるのか?という点にあります。

これはちゃんとその数字が決まっていて、摂取カロリーと消費カロリーの間に7200Kcalの差が生まれたら脂肪1kgの変化が生まれます。

食べている方が7200kcal多ければ増えるし、消費している方が7200kcal多ければ脂肪が1kg減る計算になります。

消費するカロリー計算は意外と簡単で、まず安静時1時間の消費カロリーは、ほぼ体重と同じです。

体重60kgの人であれば1時間じっとしていれば、60kcalを消費します。

(正確には1.05をかける)

これを1として、散歩程度に歩いている場合は3倍、ちょっと早く歩くと4倍、自転車だと約6倍、走ると8倍として、消費カロリーを計算していきます。

サウナスーツを着て汗をいっばいかいたら?

ここで、問題なのは、この計算式に「サウナスーツを着て汗をいっばいかいたら、そこからさらに0.2倍をかける・・・」とかいう補正の計算なんて存在しないことなんです。

つまり、サウンスーツを着て運動しても、着なくて運動しても消費カロリーに大きな変化は生じないのです!

みなさんサウナスーツを着て長時間運動できますか?(^^;

それよりは、機能ウェアを着て快適な環境の方がより長い時間トレーニングできますよね?(^^)

先ほど述べたように、消費カロリーを積み上げるには、何より「運動をしている「時間」をいかに長くとるのか?が最も大事な要素になります。

サウナスーツを着ればちょっときつくなるぶん若干消費カロリーはもしかしたら上がるかもしれませんが、そんなことよりは、それを脱いで快適になったぶんたくさん体を動かす方がはるかに効果的です。

ただ、質疑応答でも「ほとんど」という表現を使っています。

これは、例えば格闘家が検量当日に「水抜き」と称して、一瞬だけ体重を落とす手法を使うことがあります。

この「一瞬のため」に「体重を落とす」ためなら、サウナスーツは「あり」です。

あと、どうしても過体重の方は、体に水分を多く含んでいる方がいるのも事実です。

この水分を放出させてあげるためにもいいかもしれません。

そして、割と知られていないテクニックですが、ここで「薄味」の食事をしばらく続けます。

「塩」は、身体に水分を含ませてしまう特性があります。

ただでさえ日本人は、塩分過多な方が多いです。

汗を大量にかいて溜まっている水と塩を抜き、水分だけ補給してあげると「水を含むものがなくなる」ので、体重がすっと落ちたりします。

ボディビルやフィジークの選手が大会前にこの塩抜きをすると、すっと一段体重が落ちるのはよくある話です。

ただし、普段からサウナスーツを着てトレーニングするのはやはりおすすめではなく、あくまでこのように「ショック療法的」に行うことが肝心です!

よろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)