Uncategorized

ベンチブレスやデッドリフトのスランプを打ち破るテクニックの一つ「重さなれ」について

ベンチプレス

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日はまずみなさんとのやりとりについて詳しくご紹介しようと思います

今日は、僕のつぶやきに対しての質問から始まるやり取りのご紹介です。

A

筋力を増大させる2大要素は神経系の発達と筋肥大です。

トレーニング初期は神経系の発達が大きいですが徐々にそれは低くなります。

それと反するように筋肥大がおこります。

寄与率は大体4週間程で逆転しますね。

Q

質問ですが、神経系が重さに慣れるといった解釈でよろしいですか?

A

慣れるといえば慣れるともいうと思いますが・・・

神経が筋肉の隅々まで「伸びていく」ことで筋肉の使える領域が増えるんです(^^)

Q

わかりました!

ありがとうございます。

というものでした

これは、ジムでもよくお客様に聞かれる質問でもあります。

「野上さん、ベンチプレスの重さが上がっていくんだけど、筋肉ついた感じしていないんだよね・・・どうして?」みたいなご質問は年中受けます。

これに対して、僕がよくお客様に言う説明をそのままご紹介したいと思います。

僕が普段している説明

みなさん北斗の拳ってご存知ですか?(^^)

ケンシロウと言うめっちゃ強いヒーローが、北斗神拳という流派の技を使い、世紀末の荒れた世の中の悪を退治していくというあの有名すぎる漫画です!

この北斗神拳の何がすごいのか?

一つは「秘孔」という人間の急所をついて、ちょっとありえないような悪党の倒し方をする、特殊な技を使う点にあります!

この「秘孔を突く」はあまりにも有名ですが実はもう一つすごい特徴があるのです。

ケンシロウはどんな分厚い鉄の扉も「アタタタタタタタタ!」と言って吹っ飛ばしてしまうことができます。

もう「筋肉が隆々だから」では済まないレベルの壮絶なパワーを持っています!

しかし筋肉の量だけで言えば、皆さんは信じられないかもしれませんが外国人のトップビルダーなら、正直ケンシロウよりも筋肉の量はあるでしょう!

しかし、鋼鉄の扉をグニャと曲げてしまうほどのパワーなんてある訳がありません!

これはですね・・・

北斗神拳は、通常人間は持っている筋肉の30%ほどしか使えないところを、特殊な訓練により100%使えるようになるので、あのような爆発的なパワーを得ることができているのです!

えーっとそろそろ真剣に話せ!とぶっ飛ばされそうですが(^^;

いやいや真剣に話していますよ! マジでお客様にはこのように説明してます!

神経系の発達

筋肉を収縮させよう!と、脳の指令を筋肉に伝えるのは「神経」です。

この神経が筋肉の隅々まで伸びて、筋肉の使える領域が増える・・

これが「神経系の発達」と呼ばれる現象です!

これは通常筋トレを始めた初期に起こるとされています。

そして、この神経系の伸びにより使用重量も上がり、より筋肉に強い負荷がかかっていくようになると今度は「筋肉そのものが発達していく」ようになります。

そしてこの後ですが・・・・

これはあまり知られていないのですが、新しく出来た(発達した?)部分は当然今まで筋肉がなかった部分でもあるので、神経はそんなに伸びていないのです。

そこにやがてまた神経が伸びていくと、やっばり使える筋肉が増え、結果、使用重量は伸びていく訳で・・・

使用重量が伸びていけば、また新たな負荷が筋肉にかかり筋肉量が増えていく・・

そんないたちごっこを繰り返しながら筋肉は大きく強くなっていくのです。

ご質問にあった「慣れ」に関しては本来「脳」が慣れることを指します。

重い重さに慣れる・・・、確かに脳がその刺激に対して対応できるようになれば「軽く感じる」こともあるのではと思います。

ただ、トレーニング学的には「神経系の発達」がこういう場合の説明のメインとなることが普通なので、このように答えさせていただきました。

架空の漫画を引き合いに、何真剣に論じているんだといわれそうな内容ですが、指導の現場では、実際にこのように例えた方がお客様に伝わりやすくなるのも事実です(^^)

では次のページから実際の重さなれについて色々とお話ししたいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-Uncategorized
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)