2013年09月15日

新テーマ 水分補給について その1運動前

皆さん今晩は!!


今日は、市ヶ谷まで、健康運動指導士の資格更新セミナーに言って参りました!!


・・・・・・が・・・・・酷かった・・・・・・



いままでの指導士の講習(パーソナルトレーナーの講習とはまた別)は、実はテーマを自分たちで選べて、その専門分野の外部の実際に指導している第3者団体の先生にセミナー講師として来ていただいていたのです。


それはそれは中身がすべて素晴らしい講習で、セミナー代に十分見合うなと思わせる内容の数々だったのですが・・・・。


今日のは基礎講習といわれるもので、どんなに自由取得のセミナーで単位を稼いでも、これを受けないと資格更新ができないという種類の、いわば必修科目的な講習だったんですが・・・。



ちょっといやな予感は実はしていたのですが・・・もろに的中です。



特に1時限めが酷く、講師の先生自身が「私の話には中身がないですから」と冒頭の一言・・・。



ほんとに中身がなかったです・・・・。



指導士のイベント打ち上げの飲み会の写真をスライドでみせて「これが黒ちゃんです」・・・「青森の成績が悪いのは僕がスキーばっかりして遊んでたからです」ってなめとんのか、こら!!!


多分1時限目に関しては、参加者全員怒りすら覚えたのではないでしょうか。


お金払って勉強しにきとるんじゃい(怒)


2・3時限目は女性の講師の方で、4時限目は、人工関節の名医の方の講習でしたが、この二人の方の講習はちゃんとしていました。


ただし、2・3時間目の講習は、実はその方の師匠さんの講習を以前まったく同じ内容で聞いたいた為、「あっやばい、全く同じだ」と思いました。まあ、これはしょうがないですね。



それにしても、お金をだした講習で「もう寝よう」と決め込んで寝たのは学生以来でしたね。



まあ、学生の頃から、「これは将来自分の役にたつ」と判断した科目はかならず詳細にノートに書き、成績もそれなりを残したのですが、これは絶対にいらないと決め込んだ科目は、ひたすら寝ていて、成績もいつもすれすれという学生時代の癖が、いまも治っていないんだなと痛感しましたね(苦笑)



一応、資格更新の為の20単位はこれでクリアしたのですが、ちょっとこれからも月一くらいで(ちゃんとした)セミナーは受けていこうかななんて思う今日この頃です。



てとこで健康のお話ですが、長らく続いたホルモンのお話は、ちょっと一休みして、別のテーマでちょっと行こうかなと思います。


タイトルにも書いた通り水分補給で行こうかなと思います。


夏も終わり、これからスポーツの秋になりますが、時にはまだ暑い日にスポーツを行なうということも多くなると思いますがそんな時に水分をどうするのかについて、ちょっと短い期間なるときおもいますがご紹介したいと思います。


今日は、まず運動前です。



そう、「運動前」です。


実は、脱水、熱中症という言葉が市民権を得て、いまや夏の時期や運動中に水分補給をしない方なんていないんじゃないかというくらい、しっかり水分補給の大事さは浸透していると思いますが・・。


実は、前回のパーソナルトレーナー系のセミナーの先生がおっしゃっていてまさにそのとおりだと思ったのですが、実は、「運動前」にあらかじめ水分を補給している方って実はまだまだ少ないようなんです。



ガイドラインを示すと、運動の4時間前には、体重1Kgあたり、約5〜7ml、さらに佐野間の尿の色が濃く、水分が少なげな場合は、さらに2時間前に体重1Kg当り、約3〜5mlの水分の補給が「予め」必要なんです。



まあ、mlでいわれてもピンとこないと思うので、ざっくり体重50kgの方は、4時間前には350mlほど、70kgの方は500mlを補給し、さらに2時間前には250ml、350mlの補給が必要だと思って下さい。


そう、運動をはじめてのどが乾いてからでは実は遅いんですね。



とくに、これからのシーズンに試合等がある方はぜひ覚えておいて下さい!!



ではでは!!!!!
posted by てっちゃん at 01:39| Comment(0) | 水分