2013年09月22日

水分補給について その2 運動中

皆さん今晩は!!


今日は約半年ぶりに日曜日がお休みでした!!


・・・・しかし、ほとんどや休みじゃなかったですが・・・・・



実は日曜に休みがある事を前日迄忘れていて、すっっかり出勤するつもりだったのですが、昨日部下に休みを知らせれびっくり!!



で、以前から試したかった事を実行に踏み切ろうと行動しました。(ほんとは一昨日の午前中にチャレンジ予定がぶっ倒れていたので・・。)



それはなにかというと、・・・ゴルフのドライバーのシャフトをスチールにするという、実にニッチな取り組みです。



通常ゴルフのドライバーのシャフトというのは、ほぼ99.99999%カーボンであります!!



ええ、もうだーーーれもスチールにしようなんて物好きはいないと思います。




でもですね・・・・どうしてもカーボンてダメなんですよね・・・僕が下手なだけかもしれないですが・・・。




ちなみに、ゴルフを知らない方の為に、ゴルフクラブのアイアンというのは、僕のようにわりと力がある人というのはおおむねスチールなんです。(もちろんアイアンもカーボンというパターンも多いんですが)



そして、フェアウェイウッドというものがアイアンとドライバーの間にあるのですが、これになるとかなりカーボンシャフトの比率が高くなります。



ここがスチールというのは、最近はプロでもぐっと少なくなってきているというのが実情です。



しかし、僕はアイアン、フェアウェイウッドすべてがスチールでドライバーだけカーボンだったのですが、どうも何をしてもしっくりこず、いつまでたっても20年以上前にリシャフトとした、スチールシャフト付きのスプーンがエースドライバーにもどってしまう状態でした。


ちなみに、なんでカーボンかというと、スチールの方が重量があり、カーボンの方が軽いので、長いクラブ程カーボンになって行く比率が高くなるんですね。


そこで、テーラーメイドのFCTというシャフトの入れ替えが容易に出来るシステムを利用し、スチールシャフトとFCTの部品をネットで調達します。


スチールシャフトはカーボンシャフト10分の1位の値段(2500円位)でFCTも2000円位なので、失敗してもそれほど痛くないんですね。



あとは、この二つを接着するだけなんですが、これが難儀です。



クラブ預かりで1週間かかるとか、出来ないとか、今混んでいるから無理とかネットで調べ近場で出来るかどうかしらべても全然でした。



使用予定日は・・・・・明日です・・・てへ・・・・・(可愛くない・・・というかイラッとすら・・)



結局都内のとある工房まででてやって頂き、帰ってきてから、グリップを自分で差し込んで、コンペの商品をとりに行ったり、お墓参りしたりで、今に至ります。



はは、試打無しで本番・・しかも会社で社外の方を多数招いてのコンペです・・・・まあ、こんなもんでしょう・・・。



・・・・・どうなることやら・・・・



てとこで健康のお話ですが、一昨日ぶっ倒れていてさらにいつも休みの土曜に出勤、いつも出勤の日曜が休みと完全に曜日感覚がない状態で、昨日思わすダイエットの日と言ってしまっていましたが、ずれていましたね。



で、今日は先週開始した新テーマ、水分について書かせて頂きたいと思います。


先週は運動前の水分補給についてお話ししましたが、今日は運動中の水分補給についてです。


運動中は、継続的な発汗量が1時間に1.8ℓを超えるため、水分必要利用が著しく増加します。


しかし、実は運動中に発汗によって失われる水分は、自発的な水分摂取では、充分に補う事が出来ないのが現状です。


実際はほとんどの方が、失った水分の3分の2しか補給出来ていません。


そして、運動中に限っては喉の乾きは水分摂取量の目安には不適格なんです。


しかし、だからといって運動中に水分補給をしないわけにも行きません。


まず、運動中は水分の摂取をこまめにとる事はもちろん、ナトリウム等が減少するため、市販のスポーツドリンクがやはり良かったりします。こう書くと「水じゃダメなんですか?」とかならずと言って良い程聞かれますが、もちろん水でも大丈夫です。ただし、ゲームが一日にわたる場合や、夏期に長時間汗をかく場合は、水を摂取する合間にスポーツドリンクを混ぜることをお勧めいしてします。



また、普段のトレーニングでは、一回当りどれくらいの体重が減るのかをモニタリングして、その数字を運動中に複数回に分けてこまめに摂取して頂くとよいと思います。



運動中に水分補給しても実はたりていない、だから水分補給をしていても熱中症にかかる方っているんです。



前回も書きましたが、まずは運動前の水分補給、そして、運動中は、体重の減少分を目安に補給して頂くようにして下さい。


次回は運動後の水分補給について書きたいと思います。


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 23:59| Comment(0) | 水分