2012年01月07日

脂肪を知ろう5

ちょといまウルウルしています。(/ _ ; )


何かというと、日テレのニュースで、高校サッカーで敗れた高校のロッカールームの模様を紹介していたのですが、僕は、こういうの、とーっても弱いんですね(^_^;)


泣けます!


もし、僕が監督で、ずーっと面倒見てきた選手と、別れのシーンが来たらなんて思ったらもう、・・・そりゃもう・・・・


ヤバイです。


根が体育系で単純なので、こういうのは、感情移入しまくっちゃうんですよね。(^_^;)



みんな、悔いのないように、・・・なんてことは言いません。


敗れたチームに、悔いがない訳がないからです。


ベストを尽くして欲しい。


ただ、それだけです。


個人競技だとわかりやすいのですが、うちの選手クラスの子達の試合結果も、僕が必ず聞くのは、順位ではなく、自己ベストが出たかどうかの一点です。


出ていれば何も言いません。


出ていなければ、担当コーチが悪いと言います!


ベストを尽くして負けたなら、たとえ悔しくても、悔いが残っても、振り返った時に胸に去来するものは違うと信じています。



ってとこで脂肪のお話ですが、今日はなぜ人は、余ったカロリー脂肪にして溜め込むのかという点についてです。


これは、脂肪の方が、コンパクトにエネルギーをしまっておけるからなんです。


脂肪のエネルギーは、1g9Kcalで、糖質は1g4Kcalと、同じ重さで、倍以上のエネルギーを発揮出来るのです。


逆にいえば、糖質と、タンパク質は、脂肪の半分以下のエネルギーしか出せないので、限られた体内でエネルギーを、備蓄するには脂肪に変換して、貯めておくのが最適なのです(^_^;)



次のポイントは、糖質を、そのまま体内に貯蔵しようとすると、その約3倍の水が必要になるのです。


すなわち、普通の方なら、体脂肪は15kgくらい体内に貯蔵しているのですが、15KGの糖質を貯めようとするとその3倍の45Kgの水が必要となり、非常に身体的に効率が悪くなってしまうのです!


あまりありがたくない脂肪への変換ですが、実は身体的には、とても効率を追求した形になっているんですね。


まだまだ、脂肪を知ろうシリーズは、続きますのでよろしくお願いいたします。m(_ _)m


ではでは\(^o^)/
posted by てっちゃん at 01:43| Comment(0) | 脂肪を知ろう