2016年11月25日

疲労の科学 「アロマで疲労快復(^^)」

みなさんこんばんは(^^)



毎週木曜日の夜は「疲労」をテーマにお届けいたしております。



今日は「アロマ」をテーマにお届けしたいと思います(^^)



いやあ・・・なんか・・・



優雅な雰囲気ありますよね(^^)


・・・アロマ・・・・・


むさい体育会系バリバリできたおっさんトレーナーには、神秘の雰囲気すら漂います(^^;


このアロマ、いろいろな効能があることが知られており、ヨーロッパでは治療の一種としても捕らえられているそうで・・・・



うちのクラブでも毎月26日はお風呂の日と称して、ジャグジーバスにアロマの香りを垂らしていたりします(^^)


そんなアロマですが、種類としては300種類以上あり、効能も様々です。


そのような中で今日は「疲労回復に効能がある」というものを、いろいろとご紹介したいと思います。




まず、筋肉の疲労に効果的と言われるものですが・・・



※ バジル
鎮痛作用・疲労回復に作用


※ ジュニパー
老廃物を排出しやすくしてくれる


※ ローズマリー
体を温めリンパの流れを良くする


といったものがあります。




また筋肉に限らず、スポーツ後の疲労回復に効能があるものと言われるものですが・・


※ レモングラス
ストレイ解消・筋肉痛緩和・疲労回復


※ パイン
デオドランド効果・鎮痛・鎮静作用によるかんせつえんなどの緩和


※ レモン
リフレッシュ・リンパ鬱滞緩和


といったものがあります(^^)




また、疲労回復には睡眠は欠かせない要素になりますが、その睡眠に効能のあるものもご紹介です。


※ マジョラム
神経系の鎮静・心を落ち着かせる


※ サンダルウッド
緊張や不安を和らげる


※ ラベンダー
セロトニンの分泌を促進・リラックス効果・自律神経のバランスを整える



といったものがあります。




最後に脳を少しスッキリさせる効能があると言われるものをご紹介です。


※ ペパーミント
精神疲労を緩和・リフレッシュ効果

※ グレープフルーツ
気分を明るくし、リフレッシュできる

※ ユーカリ
脳内の血流を良くするので眠い時に嗅ぐとスッキリする



といったものかせあります。



なんか、レモンとかグレープフルーツとかペパーミントとか・・・よく聞くものもありますね。


数種類あってどれを選んでいいかわからない時は、じっさいに香りを嗅いでじぶんの好みに合わせることも大事です。


鼻につく香りは逆にストレスになりますので注意が必要です。


使い方はハンカチに数滴垂らして疲れた時に嗅ぐとかです。



自宅では入浴時にバスルームの床に垂らすと蒸気で拡散して入浴中にバスルームが心地の良い空間に包まれます。




ちょっと優雅な疲労回復方「アロマ」、よろしくお願い申し上げます。解ければお試しされてみてはいかがでしょうか?



よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!


今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
でっかい「うん○」


はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:08| 腰痛